年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続大辞典

小規模宅地等の特例編

    持ち家がある場合に特定居住用宅地等の小規模宅地等の特例を適用する場合の注意点

    特定居住用宅地等の小規模宅地等の特例を適用する場合の注意点 相続税申告の際に大きな減額となる小規模宅地等の特例があります。その中でも被相続人に自宅等に適用することが出来る特定居住用宅地等については、被相続人の自宅等の土地の評価額を80%圧縮することが […]

    貸駐車場についての小規模宅地等の特例の適用可否

    小規模宅地等の特例の対象となる宅地等は、建物等の敷地となっている必要があります。また、貸付事業用宅地等の事業用には、準事業も含まれます。 質問のケースでは、砂利敷きとのことですが、砂利が構築物として認められるようなもので、管理をされていれば、その駐車 […]

    小規模宅地(家なき子)の特例 改正により課税の適正化へ

    平成30年税制大綱が公表され、この中で小規模宅地等の特例についても部分的に改正がなされました。 (この改正は、平成30年4月1日以後に発生した相続又は遺贈について適用されます。) その中でも、「家なき子」と呼ばれる特定居住用宅地等に関する特例について […]

    小規模宅地の特例において「同居」の意義

    人の死はある日突然やってくるものですが、人が死ぬと直ちに相続が発生します。財産を相続した人は10ヶ月以内に相続税の申告と納付をしなくてはなりません。 この際に問題となるのが「相続人が被相続人と同居していた家」や「被相続人が事業のために使っていた土地」 […]

    特別養護老人ホームと小規模宅地の特例の関係

    特別養護老人ホームと小規模宅地の特例の関係 小規模宅地の特例は、居住用や、事業用の土地において、ある一定条件を満たせば相続税の減額の特例を受けられる制度です。 条件のひとつとして、「被相続人などの居住の用に供されていた宅地」とあり、生活の中心がそこに […]

    建替中における小規模宅地の特例の適用可否

    建替中における小規模宅地の特例の適用可否 相続した土地の建物や構築物が建替中の場合には、小規模宅地の減税の特例は受けられるのでしょうか。 そもそも小規模宅地の減税特例の適用を受けるためには、相続したその土地が、相続発生直前に被相続人かまたは被相続人と […]

    事業の用に供する直前に相続が発生した場合

    事業の用に供する直前に相続が発生した場合 事業の用に供する直前に相続が発生した場合には、相続した土地の相続税について、小規模宅地の特例は受けられません。 小規模宅地の特例を受けるためには、被相続人が亡くなる直前に、その土地が被相続人の事業用かもしくは […]

    生計を一とは?(小規模宅地等の特例)

    1.生計を一とは? 相続税法などでは、家族の関係が生計をともにしているかどうかという判断が重要になることが多く、このときによく「生計を一」という言葉が使われます。生計を一にするというのは、必ずしも同居が必要ではありません。たとえば子どもが学校の寮に入 […]

    未分割の場合の小規模宅地の特例

    未分割の場合の小規模宅地の特例 小規模宅地等の特例を受けるためには、相続の開始の直前において、被相続人の事業の用または居住の用として使用されていた土地であることなどの一定条件を満たす必要があります。 また、事業用宅地等である場合には、事業を継承しそれ […]

    私道における小規模宅地の特例の適用可否

    私道における小規模宅地の特例の適用可否 事業用の宅地や住居用の宅地など、建物・構築物を建設するための土地については、その土地の用途などの条件によって50〜80%の評価減という、小規模宅地の特例が受けられる場合があります。 それでは、住宅に面した私道に […]

    1  2  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る