相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,724件(令和3年実績) 業界トップクラス
【全国10拠点】東京本店・新宿・池袋・千葉・大宮・横浜・名古屋・神戸・大阪・福岡
【全国11拠点】
最寄り事務所を探す»

面談予約専用フリーダイヤル

0120-888-145

平日 9時〜21時 土日祝 9時〜17時

  • 東京
    【東京事務所】直通フリーダイヤル0120-390-306
  • 新宿
    【新宿事務所】直通フリーダイヤル0120-688-377
  • 池袋
    【池袋事務所】直通フリーダイヤル0120-958-840
  • 千葉
    【千葉事務所】直通フリーダイヤル0120-567-905
  • 大宮
    【大宮事務所】直通フリーダイヤル0120-736-510
  • 横浜
    【横浜事務所】直通フリーダイヤル0120-958-968
  • 名古屋
    【名古屋事務所】直通フリーダイヤル0120-822-088
  • 京都
    【京都事務所】直通フリーダイヤル0120-575-985
  • 大阪
    【大阪事務所】直通フリーダイヤル0120-957-728
  • 神戸
    【神戸事務所】直通フリーダイヤル0120-817-825
  • 福岡
    【福岡事務所】直通フリーダイヤル0120-359-520
お電話

各事務所詳細ページに飛びます

相続大辞典

小規模宅地等の特例編

    特定居住用宅地とは?適用要件と添付書類

    亡くなった人が住んでいた土地や、事業を営んでいた土地を相続すると「小規模宅地等の特例」が適用され、土地部分の評価額が一定の面積まで50%または80%減額されます。 小規模宅地等の特例の対象になる宅地は「特定居住用宅地等」「特定事業用宅地等」「貸付事業 […]

    特別養護老人ホームと小規模宅地の特例の関係

    特別養護老人ホームと小規模宅地の特例の関係 小規模宅地の特例は、居住用や、事業用の土地において、ある一定条件を満たせば相続税の減額の特例を受けられる制度です。 条件のひとつとして、「被相続人などの居住の用に供されていた宅地」とあり、生活の中心がそこに […]

    事業の用に供する直前に相続が発生した場合

    事業の用に供する直前に相続が発生した場合 事業の用に供する直前に相続が発生した場合には、相続した土地の相続税について、小規模宅地の特例は受けられません。 小規模宅地の特例を受けるためには、被相続人が亡くなる直前に、その土地が被相続人の事業用かもしくは […]

    生計を一とは?(小規模宅地等の特例)

    1.生計を一とは? 相続税法などでは、家族の関係が生計をともにしているかどうかという判断が重要になることが多く、このときによく「生計を一」という言葉が使われます。生計を一にするというのは、必ずしも同居が必要ではありません。たとえば子どもが学校の寮に入 […]

    未分割の場合の小規模宅地の特例

    未分割の場合の小規模宅地の特例 小規模宅地等の特例を受けるためには、相続の開始の直前において、被相続人の事業の用または居住の用として使用されていた土地であることなどの一定条件を満たす必要があります。 また、事業用宅地等である場合には、事業を継承しそれ […]

    私道における小規模宅地の特例の適用可否

    私道における小規模宅地の特例の適用可否 事業用の宅地や住居用の宅地など、建物・構築物を建設するための土地については、その土地の用途などの条件によって50〜80%の評価減という、小規模宅地の特例が受けられる場合があります。 それでは、住宅に面した私道に […]

    青空駐車場への小規模宅地の特例の適用可否

    青空駐車場への小規模宅地の特例の適用可否 ロープなどで区切ることで駐車場として利用している、いわゆる青空駐車場は、設備資金がかからず駐車場をはじめるにあたっては始めやすいというメリットがあります。 しかし、相続税対策としては不利となる可能性があります […]

    特定事業用宅地とは

    1.特定事業用宅地等とは 特定事業用宅地等とは、被相続人が生前に事業をしていた建物などの敷地について、一定額を減額しても良いという相続税の特例制度(小規模宅地等の特例)の一つの種類です。特定事業用宅地等の事業とは、アパートや駐車場などの貸付事業は含ま […]

    店舗兼住宅の判定

    店舗兼住宅の判定 店舗兼住宅など、居住部分とそうでない部分が共存している不動産などを相続する際は、相続税の評価において、居住部分を判定する必要があります。これについては、相続税法基本通達上において規定されているのでご紹介します。 店舗兼住宅等の持分の […]

    小規模宅地等の特例とは~概要・要件・よくあるQ&Aなどすべて解説~

    相続税の各種特例のうち最重要と言っても過言ではない特例が、「小規模宅地等の特例」です。 小規模宅地とあるのでなんとなく土地に関する特例なんだろうなというのはわかると思います。 相続税専門の税理士が小規模宅地等の特例についてわかりやすく解説します。 1 […]

    1  2  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
21:00

土日祝
9:00-
17:00

お電話

面談予約専用

0120-888-145

【平日】9時~21時 【土日祝】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る