相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

特定納税義務者とは

特定納税義務者とは

相続税法において、納税義務者は居住無制限納税義務者、非居住無制限納税義務者、制限納税義務者と特定納税義務者の4種類に分類されます。

最後に特定納税義務者とはどういった定義がなされているのかをご紹介します。

特定納税義務者とは、平たく言うと他の居住無制限納税義務者、非居住無制限納税義務、制限納税義務者の3区分のどれにも属せず、相続の際に精算課税の適用を受けている人のことです。

つまり、日本国籍を有せず、相続の時点で日本国内に居住もしていない、居住した実績がない人でも、相続する財産が課税対象であれば納税義務が発生すると言う事になります。

納税義務については、定義がありますが、例外が発生する事も多いため、相続を行う際には然るべき機関や専門家に協力を仰いで処理を行うのが望ましいでしょう。

また、納税義務者については、「個人」という定義がありますが、宗教法人や学校法人などで相続が発生した場合にも「個人」と見なされて相続税が発生する場合があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

迅速な対応をして頂き、満足しています。

全く遺産相続などわからない私達に親切に細かく教えていただき感謝しています。 電話の応対伝言などもきちんとしていただきました。 又不動産の事でお世話になると思います。よろしくお願いします。 他の事で相談質問をしましたが気持ちよく答えて下さいました。

父と母の相続で大変お世話になりました。 名義預金や様々なことに親身になって相談させていただきました。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る