相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国10拠点】東京本店・新宿・池袋・千葉・大宮・横浜・名古屋・神戸・大阪・福岡
【全国10拠点】
最寄り事務所を探す»

面談予約専用フリーダイヤル

0120-888-145

平日 9時〜21時 土日祝 9時〜17時

  • 東京
    【東京事務所】直通フリーダイヤル0120-390-306
  • 新宿
    【新宿事務所】直通フリーダイヤル0120-688-377
  • 池袋
    【池袋事務所】直通フリーダイヤル0120-958-840
  • 千葉
    【千葉事務所】直通フリーダイヤル0120-567-905
  • 大宮
    【大宮事務所】直通フリーダイヤル0120-736-510
  • 横浜
    【横浜事務所】直通フリーダイヤル0120-958-968
  • 名古屋
    【名古屋事務所】直通フリーダイヤル0120-822-088
  • 神戸
    【神戸事務所】直通フリーダイヤル0120-817-825
  • 大阪
    【大阪事務所】直通フリーダイヤル0120-957-728
  • 福岡
    【福岡事務所】直通フリーダイヤル0120-359-520
お電話

各事務所詳細ページに飛びます

相続大辞典

各種控除編

    婚姻した者の未成年者控除について

    婚姻した者の未成年者控除について 相続税法において、未成年者が財産を相続した場合、その年齢に応じて相続税の税額軽減措置を適用するというふうに定められています。 相続があった時から18歳になるまで(相続の開始が令和4年3月31日以前の場合は20歳になる […]

    胎児の未成年者控除

    胎児の未成年者控除 相続税法において、未成年者が財産を相続した場合には、相続税の負担能力がないとして、相続を開始した時の年齢に応じて相続税控除の制度があります。 相続を開始した時点の年齢から、18歳になるまでの年数に10万円をかけた金額を、相続税の総 […]

    相次相続控除とは?申告要件・計算方法・添付書類・注意点を解説

    「父親の相続の数年後に母親が亡くなった」 「独身の叔父の相続の数年後に兄弟である父親が亡くなった」 このように、一次相続の発生から10年以内に二次相続が発生することを、「相次相続」と呼びます。 しかし、相次相続(短期間に連続して相続)が発生すると、同 […]

    相続が立て続けに2回起きてしまった場合。相続税は控除してもらえる?

    相続が続き相続税の支払いが難しい場合に、相続税が控除してもらえる制度をご存じですか? ある一定の条件を満たし相次相続であると認められると、相次相続控除という制度により相続税が控除されるのです。 今回は相次相続・相次相続控除についてご説明しています。 […]

    居住用財産の3,000万円控除を相続時に活用するには。条件と手続き

    居住用財産を売却するとき、要件を満たしていれば3,000万円の控除を受けられます。相続時に活用すれば税金の負担を大きく減らせる制度です。要件が細かく決まっているため、自分のケースで利用できるか確認しましょう。 1.実家の売却で発生する税金 実家を売却 […]

    相続税の配偶者控除とは?配偶者は1億6千万円相続しても無税になる?

    亡くなった人の配偶者が相続税を申告する場合は、相続税の配偶者控除が受けられます。 相続税の配偶者控除は、法律婚の配偶者であれば誰でも適用でき、軽減される税額が大きいという特長があります。 この記事では、相続税の配偶者控除について、どのようなメリットが […]

    配偶者控除とは何かを分かりやすく解説。相続税にも控除がある?

    配偶者控除は頻繁に法改正されるため、分かりにくいと感じている人も多いでしょう。どのような人が配偶者控除の対象になるのか、分かりやすく解説します。一般的に知られている所得税などの優遇以外に、相続税の配偶者控除についても見ていきましょう。 1.配偶者がい […]

    相続税の障害者控除とは?利用する要件や控除額計算方法をご紹介

    相続税の障害者控除とは、相続人の中に障害を持つ方がいらっしゃる場合、要件を満たせば相続税額から一定額を差し引くことができる控除制度のことです。 この「相続税額から控除額を差し引く」というのがポイントで、障害者控除を適用できれば、その相続人の年齢等に応 […]

    相続税が非課税(無税)になるケースを税理士が徹底解説

    相続税は「被相続人の遺産総額」が「基礎控除(相続税の非課税枠)」を超えた場合に課税される税金で、納税や申告義務があるのは実際に財産を取得した人のみです。 「遺産総額が基礎控除額以下」の場合は相続税が非課税になり、相続税の申告も不要です。 ただ、相続税 […]

    障害者控除の扶養義務者からの控除について

    障害者控除の扶養義務者からの控除について 相続税では、相続人が条件を満たしている障害者である場合、税金を一定額控除する障害者控除という制度を設けています。 これは、一定の障害を持つ障害者の場合、所得がほとんどない場合が多く、相続財産により生計を立てて […]

    1  2  3  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
21:00

土日祝
9:00-
17:00

お電話

面談予約専用

0120-888-145

【平日】9時~21時 【土日祝】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る