相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続大辞典

各種控除編

    障害者控除の扶養義務者からの控除について

    障害者控除の扶養義務者からの控除について 相続税では、相続人が条件を満たしている障害者である場合、税金を一定額控除する障害者控除という制度を設けています。 これは、一定の障害を持つ障害者の場合、所得がほとんどない場合が多く、相続財産により生計を立てて […]

    子が全額相続した場合の基礎控除

    子が全額相続した場合の基礎控除 相続税には基礎控除額があり、3000万円+600万円×法定相続人の数で算出されます。総財産からこの基礎控除額を差し引いて、さらに上回る分の財産にのみ相続税が課税されることになっています。 相続税は基礎控除額が大きいこと […]

    相次相続とは

    相次相続とは 相次相続とはどういった相続のことなのでしょうか? 例をあげてみると、例えば昨年父親が死亡し、その配偶者(母親)と子供が財産を相続したとします。そして間もなく母親も死亡してしまい、その財産を子供が相続することになった、というのが相次相続で […]

    障害者が相続する場合

    障害者が相続する場合 相続人のなかに障害者がいる場合、通常の成人が相続する際とは少し仕組みが異なってきます。 障害の程度にもよりますが、障害者の中には自分の意思で財産分割協議を行うことができない人もいますので、その代わりに代理人をたてることも必要にな […]

    相次相続控除とは

    相次相続控除とは 相続税法において定められている税額軽減措置はさまざまですが、その中の一つに相次相続控除という項目があります。 これは、性質としては二重課税を防ぐための物で、相続が発生して被相続人1の財産を相続した相続人が死亡してしまい、被相続人2と […]

    障害者控除の計算上の端数処理

    障害者控除の計算上の端数処理 相続税法において、障害者が相続によって財産を取得した場合には、納付すべき相続税の総額から控除を受けることができると定められています。障害者は一般障害者と特別障害者とに区別され、一般障害者の場合は6万円、特別障害者の場合は […]

    相続税における一般障害者控除

    相続税における一般障害者控除 相続税においては、障害者への相続税控除についても定められています。障害者の生活を保障するという側面のあるこの控除制度は、一般障害者と特別障害者という区分があり、こちらでは一般障害者への相続税減額措置についてご紹介します。 […]

    胎児の未成年者控除

    胎児の未成年者控除 相続税法において、20歳に達していない者、つまり未成年者が財産を相続した場合には、相続税の負担能力がないとして、相続を開始した時の年齢に応じて相続税控除の制度があります。 相続を開始した時点の年齢から、20歳になるまでの年数に6万 […]

    婚姻した者の未成年者控除について

    婚姻した者の未成年者控除について 相続税法において、未成年者が財産を相続した場合、その年齢に応じて相続税の税額軽減措置を適用するというふうに定められています。 相続があった時から20歳になるまでの年数に6万円をかけた金額が控除の金額です。未成年者が相 […]

    修正申告時における配偶者税額軽減について

    配偶者の税額軽減とは 相続税には、「配偶者に対する相続税額の軽減措置」があります。 この措置は、被相続人の配偶者が被相続人の財産を相続しても、次の代に渡るわけではなく同一世代間の財産の移転になる場合が多く、近いうちにその配偶者自身の相続が生じた場合に […]

    1  2  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る