相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続大辞典

相続税法一般編

    みなし相続財産とは?死亡保険金と死亡退職金に相続税がかかるって本当?

    みなし相続財産とは、死亡保険金や死亡退職金のように、相続したものではないのに相続税が課税される財産のことをいいます。 この記事では、みなし相続財産と判断される財産の種類について解説します。あわせて、みなし相続財産を取得する場合の注意点もご紹介します。 […]

    相続税還付は払い過ぎたときに有効 – 還付金請求は、○年以内なら可能!

      相続税の申告期限から5年以内であれば、払いすぎた相続税が戻ってくる可能性があることをご存じでしょうか?相続税の還付請求を行う事で、払いすぎた相続税が戻ってくるケースがあります。相続税の還付請求について詳しくご紹介します。 動画でよくわか […]

    相続税が免除される場合

    相続税が免除される場合 相続が発生すると、必ず相続税を払わなければいけないと思っている方が多いかと思いますが、実際は必ず払わなければいけないことはなく、相続税は遺産総額が一定額を超える人のみ支払えばいいのです。 つまり、相続したからといって必ず相続税 […]

    養子の人数の制限について

    養子の人数の制限について 相続税の計算をする場合において、相続税の基礎控除額、生命保険金の非課税限度額、死亡退職金の非課税限度額、相続税の総額の計算などの4点については、法定相続人の数を基に行いますが、これらの計算をする際の法定相続人の数に含める被相 […]

    相続税の増税について(2012年度の協議へ先送り)

    相続税の増税について 相続税は、2003年の改正で、最高税率が70%から50%に引き下げられ、税率区分を広げました。 ですが、実際に相続税がかかる割合は、基礎控除があるため、相続全体のおよそ4%ほどしかありません。 しかし、近年の国の税収不足が深刻化 […]

    直系尊属以外の相続税

    直系尊属以外の相続税 相続財産を相続する人(法定相続人)の範囲とその法定相続分は、民法により規定されており、法定相続人となれるのは被相続人の配偶者と被相続人の血縁者、具体的には被相続人の子供や孫などの直系卑属、父母や祖父母、曽祖父母などの直系尊属、被 […]

    相続人でないものの相続税

    相続人でないものの相続税 被相続人が法定相続人でない者に財産を残したい場合、遺言による遺贈という方法がありますが、相続人でない者が遺贈により財産を受け取った場合にも相続税は課税されるのでしょうか。 相続税は法定相続人が法定相続分通り相続を行なったと仮 […]

    養子縁組前の3年内加算について

    養子縁組前の3年内加算について 相続税はその法定相続人が多いほど非課税対象額が多くなることはご存知の方が多いはずです。課される相続税の対象財産はどこまでのことを指すのでしょうか。 相続税の節税対策として一般的なのは生前贈与、つまり財産の一部を相続人に […]

    遺産の競売と相続税

    遺産の競売と相続税 相続する遺産が競売にかけられている場合、それに係る相続税はどのように課税されるのでしょうか? 相続する不動産などがあるものの、被相続人の持っていた債務の代償としてそれらが競売にかけられていたら、相続人が手にする財産とそれに係る相続 […]

    遺贈(いぞう)と相続の違い、そして相続税との関係

    1.遺贈(いぞう)とは 遺贈とは、遺言によって財産の一部もしくは全てを無償で譲り渡す行為の事を言います。 これは、遺贈を受ける側の意思は関係なく、遺言者の一方的な意思によって遺贈する対象や遺贈される財産などが決定され、贈与や相続とは少し異なります。 […]

    1  2  3  4  5  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る