年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続大辞典

相続税法一般編

    相続税における延滞税の特則

    期限に間に合わない場合の相続税における延滞税の特則 故人の遺産分割協議を検討・実施している場合に、相続税申告で定められている期限までに遺産分割案件が確定しないケースがあります。 このようなケースの場合に相続税の申告を完遂させる為には、どのように対応す […]

    期限内申告書の修正

    相続税の確定申告は非常に複雑なので、一度税務署に提出した申告書に、後から税額等の計算間違いを発見することもしばしばあります。 その場合、申告期限内に修正申告書を提出すれば、一度提出した申告書を修正することによる様々な税法上のペナルティを回避できます。 […]

    相続税の期限後申告の特則

    小規模宅地等の特例の適用けるためには、相続税の申告が必要です。しかし、この特例を受けると相続財産の課税価額が基礎控除内となるため、相続税の申告は不要だと考えていると、税務署からお尋ねを受ける場合があります。しかし、その後に、申告を行っても、この特例を […]

    相続税と所得税の二重課税問題

    相続税と所得税の二重課税問題 年金形式で受け取る生命保険金に対して、相続時に課税される相続税に加え、毎年受け取る年金形式で支払われる保険金にも所得税が課される場合、違法な二重課税にあたり、所得税課税は許されないとされています。 保険金を受け取る際、一 […]

    遺産にかかる税金について

    遺産にかかる税金について 遺産相続が始まり、相続手続きを行う上で忘れてはいけなのがそれら相続財産に関わる税金の申告と納税です。 遺産相続が始まり発生する税金は、準確定申告による税金と、相続税です。準確定申告とは、相続人が被相続人に代わり確定申告をする […]

    兄弟の相続の注意点

    戸籍調査は二世代分必要!? 被相続人の遺産相続人が兄弟姉妹の場合、その手続きにおける注意点を御紹介します。 相続人が兄弟によるのは、法定相続人確定の順番で第三番目になっています。第一番目は被相続人の子供です。 第二番目は直系の尊属です。子供(孫)、直 […]

    みなし相続財産とは

    みなし相続財産とは まず、『相続財産』とは、亡くなった方が死亡時に持っていた財産を言います。 相続人が複数いる場合には、遺産分割によって分けることになります。 実はこの他にも、被相続人が死亡時には持っていなかった財産で、相続税の申告をしなければならな […]

    相続税の納税猶予制度とは

    相続税の納税猶予制度とは 農地の相続税・贈与税の納税猶予を受けることにより、税負担を軽減し、農業経営の継続を図り、さらに農業経営の若返りや農地の零細化の防止を図ることが目的の制度です。 特例を受けるための条件は以下の条件となります。 被相続人の第1の […]

    相続税が免除される場合

    相続税が免除される場合 相続が発生すると、必ず相続税を払わなければいけないと思っている方が多いかと思いますが、実際は必ず払わなければいけないことはなく、相続税は遺産総額が一定額を超える人のみ支払えばいいのです。 つまり、相続したからといって必ず相続税 […]

    養子の人数の制限について

    養子の人数の制限について 相続税の計算をする場合において、相続税の基礎控除額、生命保険金の非課税限度額、死亡退職金の非課税限度額、相続税の総額の計算などの4点については、法定相続人の数を基に行いますが、これらの計算をする際の法定相続人の数に含める被相 […]

    1  2  3  4  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る