年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続大辞典

事業承継税制編

    相続した非上場株式を会社に売却して相続税の納税資金を捻出する方法

    相続した株式を会社に売却して納税資金の捻出 非上場株式をその発行会社に譲渡した場合には、通常の譲渡所得課税の他、資本等の払戻しを超える部分はみなし配当に該当するため配当課税が生じます。 非上場株式の配当課税は譲渡所得課税と異なり、20%(所得税15% […]

    3つの遺留分対策「生前放棄、民法特例、生命保険」

    遺留分対策その1 「遺留分放棄は生前贈与で納得感を得よう」 相続の生前放棄は民法上認められていませんが、生前の遺留分放棄は認められています。遺留分放棄は家庭裁判所の許可が必要です。遺留分放棄で一番重要なのは、後継者以外の相続人に遺留分放棄を納得しても […]

    会社に対する運転資金等の貸付けが相続税の課税対象となる!?

    会社に対する貸付金も立派な相続財産です 返してもらえるかわからない会社に対する貸付金にも相続税がかかってしますのです。このような貸付金は特段の事情がない限り生前に精算しておいたほうがよいでしょう。 (1)地道に返済をする会社の資金繰りに余裕があるよう […]

    株式交換による自社株評価の引き下げ

    株式交換の活用 株式交換を行うことにより、株式の評価額を下げることができるのは以下のような場合です。 『株式評価額の低い会社を親会社とし、株式評価額の高い会社を子会社とする』 株式評価額の低い会社と高い会社をそれぞれ所有していた場合、相続税の財産評価 […]

    合併による自社株評価の引き下げ効果

    合併の活用 合併とは、2社以上の会社が1社になることを言います。合併することにより、株式の評価額を下げることができるのは以下のような場合です。 ①会社規模の拡大 類似業種比準方式による評価額と純資産価額方式による評価額とを比べると、既述のとおり一般的 […]

    生命保険は事業承継対策に有効なのか

    生命保険の戦略的な活用で株式評価額を引き下げる 生命保険は複雑で、商品も無数にあるので自社に適合した生命保険を選ぶのは至難の業です。また、自社株の株価引下げだけを目的として生命保険に加入するべきではありません。 退職金の原資、借入金の返済、自社株の買 […]

    生前退職金を活用した事業承継対策

    生前に役員退職金を支給して株式評価額を引き下げる 税法上、完全に退かなくとも下記に該当すればみなし退職として退職金を支給し、利益を圧縮することは可能です。 ① 常勤役員が非常勤役員となったこと ただし、非常勤であっても代表権を有する場合や代表権を有し […]

    金融資産を不動産に組み替えることにより純資産価額を引き下げる

    金融資産を不動産に組み替える 純資産価額は全ての資産を相続税評価額に引き直すため、購入価額より相続税評価額のほうが低くなる不動産は、純資産価額の引下げに非常に有効です。なぜ、購入価額より相続税評価額が低くなるかは以下を参照して下さい。 なお、いいこと […]

    債権や棚卸資産の見直しによる株価対策

    不良資産を徹底的に見直そう! 不良債権や不良在庫を、事業承継を機に徹底的に見なおすことは、次世代の経営者に事業を引き継ぐ上でも非常に重要です。したがって、事業承継を機に徹底的に不良資産は整理しましょう。 また、株価対策においても不良資産の見直しは有効 […]

    含み損のある不動産を売却して自社株評価の純資産を減らせ

    含み損のある不動産を売却して純資産を減らせ このような不動産は売却したほうが株式評価額を引下げられる可能性があります。 類似業種比準価額算定上は、明らかに評価額を引下げられます。 類似業種比準価額における純資産は帳簿価額に基づき計算されるため、例えば […]

    1  2  3  4  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る