年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続大辞典

事業承継税制編

    大切な会社を後継者にスムーズに受け継がせるためには「自社株式の回収」が重要!

    経営者・事業主がそろそろ引退をしようと考えたとき、後継者に会社を渡す方法にはいろいろなものがあります。ここでは、その中のひとつ「自社株式」を利用して、後継者にバトンを繋ぐ方法についてお伝えしましょう。 1.後継者に会社を譲るにあたって重要となる持ち株 […]

    事業承継で考えられるトラブルを回避するために保険を活用する方法とは?

    法人を経営するに当たっては、来るべき事業承継も重要視すべき大切な事柄となります。これが円滑に進むと進まないとでは、それに絡んで起こるトラブルの規模が変わります。 事業承継をスムーズにするための対策にはいくつかのやり方がありますが、ここでは保険を使う方 […]

    経営者には必須!事業承継の入門知識

    事業承継の時期が近づいてきている中小企業の経営者にとって、事業承継は重要な問題となります。後継者の確保の困難さだけではなく、場合によって相続問題を原因とする業績悪化を引き起こすなど、万全な事業承継の対策を行っておかなければ損失を被ることもあります。円 […]

    個人事業を行っているお父さんから息子さんへの、事業承継の4つのポイント

    個人事業を行っている高齢となった父から息子へ事業を承継しようとお考えの方、廃業に伴う手続きやどのような税金が発生するのかきちんと把握していますか? 事業を承継する際に必要な手続きや流れについてご説明します。 きちんと理解しておきましょう。 1,個人事 […]

    相続した非上場株式を会社に売却して相続税の納税資金を捻出する方法

    相続した株式を会社に売却して納税資金の捻出 非上場株式をその発行会社に譲渡した場合には、通常の譲渡所得課税の他、資本等の払戻しを超える部分はみなし配当に該当するため配当課税が生じます。 非上場株式の配当課税は譲渡所得課税と異なり、20%(所得税15% […]

    3つの遺留分対策「生前放棄、民法特例、生命保険」

    遺留分対策その1 「遺留分放棄は生前贈与で納得感を得よう」 相続の生前放棄は民法上認められていませんが、生前の遺留分放棄は認められています。遺留分放棄は家庭裁判所の許可が必要です。遺留分放棄で一番重要なのは、後継者以外の相続人に遺留分放棄を納得しても […]

    会社に対する運転資金等の貸付けが相続税の課税対象となる!?

    会社に対する貸付金も立派な相続財産です 返してもらえるかわからない会社に対する貸付金にも相続税がかかってしますのです。このような貸付金は特段の事情がない限り生前に精算しておいたほうがよいでしょう。 (1)地道に返済をする会社の資金繰りに余裕があるよう […]

    株式交換による自社株評価の引き下げ

    株式交換の活用 株式交換を行うことにより、株式の評価額を下げることができるのは以下のような場合です。 『株式評価額の低い会社を親会社とし、株式評価額の高い会社を子会社とする』 株式評価額の低い会社と高い会社をそれぞれ所有していた場合、相続税の財産評価 […]

    合併による自社株評価の引き下げ効果

    合併の活用 合併とは、2社以上の会社が1社になることを言います。合併することにより、株式の評価額を下げることができるのは以下のような場合です。 ①会社規模の拡大 類似業種比準方式による評価額と純資産価額方式による評価額とを比べると、既述のとおり一般的 […]

    生命保険は事業承継対策に有効なのか

    生命保険の戦略的な活用で株式評価額を引き下げる 生命保険は複雑で、商品も無数にあるので自社に適合した生命保険を選ぶのは至難の業です。また、自社株の株価引下げだけを目的として生命保険に加入するべきではありません。 退職金の原資、借入金の返済、自社株の買 […]

    1  2  3  4  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る