相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

非居住無制限納税義務者とは

非居住無制限納税義務者とは

相続税法における無制限納税義務者は居住無制限納税義務者ともう一つ、非居住無制限納税義務者という区分に分別されています。

では、非居住無制限納税義務者とはどういった定義があるのか、見ていきましょう。

居住無制限納税義務者は、相続時に日本に住所があることが条件となっていますが、非居住無制限納税義務者の場合は、日本国籍を有しており、相続の時点で10年以上日本国内に住所がないこと、もしくは相続人が日本国籍を有しているが、日本に住所がない期間が10年を超過していて、なおかつ被相続人が日本国内に住所を有している、もしくは日本に住所がない期間が10年以下であるということが条件となります。

非居住無制限納税義務者に当てはまる人が財産を相続する場合は、その財産の所在が国内にあっても国外にあっても、全てこの課税対象になります。

当然のことながら、自分が相続する際にはどの区分に属するのかを判断するのは自身ではありませんので、然るべき機関の判断を仰ぐのが良いでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

税法、申告手続に精通していない相続人サイドの気持ちを汲み取り、相続の最初の段階から申告をクローズするまでの間、大変に丁寧な対応をしていただきました。相続のシュミレーションを含め当方の質問にも迅速・的確に対応いただき、アドバイスの内容は相続人はじめ家族 […]

2人の親族が続いて亡くなり、途方に暮れていた数か月前を思い返すと胸が苦しくなります。 そんな時、わたしは運よくチェスターさんのホームページにたどり着きました。 山本税理士さんが親身に丁寧に話を聞いてくださり、帰る時には不安が解消されていました。 まと […]

たいへん丁寧にご説明いただきました。 また、制度を上手く活かして、納税額を抑えていただきました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る