相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続大辞典

物納・延納編

    特定物納制度とは

    特定物納制度とは 相続税の納付は現金での一括納付が原則ですが、これを一括で支払うことが困難な場合には、「延納」つまり、相続税の分割払いを申告できます。 延納の許可を受けた後で、その支払いも困難になった場合に、物納への変更が認められる場合があります。 […]

    超過物納とは

    超過物納とは 金銭で相続税を支払うことができない場合には、不動産や株式などの物納が認められています。 このとき物納する財産の評価金額がその相続税金額を上回る場合、これを超過物納といいます。 それでは、この超過した分の差額は払い戻されるのでしょうか。 […]

    延納とは

    延納とは 延納とは、相続税の納付方法の一つです。日本の相続税法において相続税の納付は、金銭による一括納付が原則と定められています。 しかし、相続税が高額になってしまった場合などに、一括で納税を行うことができなくなるケースも考えられます。 そう言った場 […]

    物納とは

    1.相続税の納付方法 ■ 納付方法  相続税の申告書を提出した場合又は更正若しくは決定を受けた場合において、これらに係る納付すべき相続税は、原則として金銭にて一時に納付することとなっています。  ただし、相続税においては他の税目と異なり、金銭一時納付 […]

    物納許可と延滞税

    物納許可と延滞税 相続税の納付の際、金銭による一括納付が困難である場合、まずはその時支払える最大額を金銭によって支払い、その残りを延納という方法で分割納付することになります。 そして、金銭以外で相当額の財産を所有しているが金銭による納付が困難であると […]

    分割不動産の収納価額

    分割不動産の収納価額 相続を行った際、金銭による相続税の納付が困難で有る場合に物納を申請し、土地などの不動産を用いて物納を行う場合、その不動産を分割して一部を物納に充てることが許可されるケースがあります。 こういった場合、その不動産の収納価額を求める […]

    物納で適当な価額のものがない場合

    物納で適当な価額のものがない場合 相続税の納付は金銭によって一括で行うと言うことが原則ですが、相続税の課税対象となる財産には金銭以外にも不動産などの物品も含まれます。 そのため、相続税の額が高額になると金銭による一括納付が困難になるケースも考えられま […]

    共有不動産の物納可否

    共有不動産の物納可否 相続税を納付する際、金銭による納税が困難であると認められた場合には、物納と言って金銭以外の財産を用いて相続税を納付することができます。 これは、金銭で納税することが困難であると認められた場合のみの特別措置です。 使用することので […]

    贈与財産の物納について

    贈与財産の物納について 物納とは、相続税納付の際に金銭での納税が困難であると認められた納税者に対して、金銭以外の財産を用いて納税することを認めた特別措置の事を言います。 金銭での一括納付、もしくは延納と言って金銭による分割納付が困難である場合において […]

    延納における弁明

    延納における弁明 相続税を金銭を用いて一括で納付することが困難である場合、税務署に申請して延納と呼ばれる手段を用いて納税を行うことになります。 延納とは、相続税の総額が10万円を超え、納税義務者が現金で一括納付することが困難であるという判断が下った場 […]

    1  2  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る