相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外国人にかかる相続税

外国人にかかる相続税

外国人にかかる相続税

相続人が日本国籍を持っている場合、法定相続人は配偶者、その次に子供、父母、兄弟などのことを指しますが、相続人が外国人の場合はどうなのでしょうか。

実は相続人が外国人で、国際結婚により日本人と結婚し、日本に居をかまえている場合、たとえ外国籍であったとしても相続税を日本で納めなければなりません。

被相続人が外国人であった場合も同じく、その者が日本に居住している場合その相続人は相続した財産価値により日本で相続税を納めなければなりません。

被相続人、相続人の国籍はあまり関係なく、相続開始の日に日本に住んでいたか否かが重要となるわけです。財産とは国内で所有するものだけでなく国外で所有しているものも含みます。

外国籍の相続人が自国でも相続した財産に対して税を課される場合、日本で納付した相続税額を差し引いたのもが対象とされます。相続人が外国籍でかつ日本に居を構えていない場合は日本国内の財産に対してのみの課税となります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

全くわからないことばかりでしたので大変感謝しております。ありがとうございました。

丁寧に整理してすべての書類を一冊にとじて下さり、ありがとうございました。 次の代を引き継ぐ子供達の為に、貴重な記録として大切に保管させて頂きます。

・初めての相続で有価証券や土地もあり、わからない事ばかりでした。特にかかった諸費用のどれが相続税の控除(?)になるのか、2人姉妹で相続でしたがそれぞれ相続するものが違ったりしたのでその際の質問に対して、親切で丁寧な対応を常にしていただきました。どんな […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る