相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

外国人にかかる相続税

外国人にかかる相続税

相続人が日本国籍を持っている場合、法定相続人は配偶者、その次に子供、父母、兄弟などのことを指しますが、相続人が外国人の場合はどうなのでしょうか。

実は相続人が外国人で、国際結婚により日本人と結婚し、日本に居をかまえている場合、たとえ外国籍であったとしても相続税を日本で納めなければなりません。

被相続人が外国人であった場合も同じく、その者が日本に居住している場合その相続人は相続した財産価値により日本で相続税を納めなければなりません。

被相続人、相続人の国籍はあまり関係なく、相続開始の日に日本に住んでいたか否かが重要となるわけです。財産とは国内で所有するものだけでなく国外で所有しているものも含みます。

外国籍の相続人が自国でも相続した財産に対して税を課される場合、日本で納付した相続税額を差し引いたのもが対象とされます。相続人が外国籍でかつ日本に居を構えていない場合は日本国内の財産に対してのみの課税となります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続に関する色々な相談に親切に乗って戴き大変助かりました。 二次相続にも適切なアドバイスを戴き本当にありがとうございました。

仕事が丁寧で、解らない事や不明な点があると、幾度でも説明してくれました。 とても良くやってくれたと思っています。

初めての相続でしたが、様々な適切なアドバイスをいただきありがとうございました。 おかげさまで、無事、税務署への申告が終わりほっとしております。 知り合いにも御社をおすすめしたいと思います。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る