相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税評価で使用する為替レートは何を利用する?

相続税評価で使用する為替レート

相続税評価で使用する為替レートは何を利用する?
相続財産の中に、外貨建ての資産や負債がある場合には、為替換算を行う必要があります。

基本的には以下の通りとなり、プラスの資産の場合にはTTB(対顧客直物電信買相場)を、マイナスの負債の場合にはTTS(対顧客直物電信売相場)を利用します。

プラスの資産 → TTB(対顧客直物電信買相場)
マイナスの負債 → TTS(対顧客直物電信売相場)

なお、分かりやすくいうと、TTBは「外貨」を「円」に交換するときのレートで、TTSは「円」を「外貨」に交換するときのレートとなっています。

このTTSとTTBに差があるのは、外貨を交換するときに金融機関の手数料がかかってしまうからです。
なお、これらについては国税庁のタックスアンサーNo.4665 外貨(現金)の邦貨換算に記載があります。

原則、納税義務者の取引金融機関のものを利用

なお、TTBやTTSは金融機関ごとにレートが多少異なります。
そのため、国税庁のタックスアンサーには「相続人の取引金融機関が公表する」ものを使用すると記載があります。

イメージとしては、相続人が利用しているメインバンクが公表している為替レートとなりますが、このメインバンクがなかったり、メインバンクが過去の為替レートを公表していないケースも想定されます。
そういった場合には、任意の金融機関の為替レートを使用しても問題ないでしょう。

インターネットで比較的容易に過去の為替相場を知ることができるのは、三菱UFJが公表するものなどがあります。

なお、相続人ごとに取引金融機関が異なる場合には、相続人ごとに同じ財産でも違った評価になる可能性がありますが、それは問題ないと考えます。

相続開始日に相場がない場合には、前の日付で最も近い日の相場

相続開始日時点で、為替相場がない場合には、前の日付で最も近い日の為替相場を使用します。上場株式の株価のように“前後”ではなく“前”のみである点に注意が必要です。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

近岡さん、住田さんお二人はとってもとっても親切でした。 自分ひとりでは絶対にできなかった。私にとって、相続税申告書は大変なことでしたが、近岡さん、住田さんは優しかったので、何でも質問でき、電話でも質問できスムーズに終わりました。 私はお二人を信頼して […]

税理士さんがとても感じが良く、いろいろな事を相談にのってもらいました。(担当は、長津さんです) 自宅まで書類の手続きに来て下さったり、とても助かりました。 料金もとても安く、うれしい限りです。 お仕事もとても丁寧です。(とても見やすいです!!)

この先どのように進めて良いやら、誰に頼めば良いのか、手続きにいくらかかるのか、全く分からず、インターネットで相続のことを検索したり、人に聞いたりしていたところ、義兄の勤めていた三井物産関係で、相続の講演があり相談もできるとの情報を聞き、チェスターに行 […]

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る