相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

重国籍者にかかる相続税

重国籍者にかかる相続税

重国籍者にかかる相続税

相続税の制度というのは、当然ですが国によって異なります。日本のように、相続者が課税される国もあれば、被相続人に課税する国や、非課税の国もあります。

ということは、どこの国籍を所有しているかによって、相続の際にかかる税も変わってくると言う事です。

世の中には、様々な理由から複数の国籍を所有する人が存在します。

その際は、どの国の法律に従って相続税を納税すればよいのでしょうか?日本の場合は、日本国籍とそのほかの国籍を同時に所有している人、すなわち重国籍者も、「日本国籍を有するもの」と見なし、一律に相続税が加算されます。

ですので、被相続人が日本国籍を所有していて、同時に他の国籍を所有していても、日本国籍を有するものとして分類されるので、日本の相続税法に則って相続税を納税する必要があります。

また、税金対策として、どちらかの国籍を放棄することによって納税を免れることができる場合もありますが、相続税のために一つの国籍を放棄するということは、よほどの金額でないと考えられないでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての相続税申告で、むずかしそうで不安があり、 とても助けていただいたと思いました。

担当の方が毎回わかりやすく丁寧にお話しくださるので安心しておまかせ出来ました。 ありがとうございました。

電話、メールによる連絡など、丁ねいに対応頂きました。 土地に関わることと、兄弟での分割など、面倒なことも対応頂きました。 分割時に土地の登記費用を忘れていたのが、計算外でしたがそれ以外は満足いく結果となりました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る