相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続大辞典

税務調査編

    税務調査で「一筆」を求められた際の対応方法と調査への影響

    税務調査を受けた際、税務署から書類に一筆入れることを求められる場面があります。 一筆入れた書類は税務調査の証拠として利用され、税務署は納税者が一筆に同意したことで、重加算税の賦課に踏み切るケースもあります。 税務署から一筆を求められた場合の対処法と、 […]

    バレない口座は作れない!税務署の銀行調査の手法と目的について

    税務署の調査は、本人だけでなく、取引先の銀行や証券会社も対象となります。 相続税は、亡くなった人(被相続人)以外にも相続人や親族の銀行口座も調べますので、税務調査の範囲は想像よりも広範囲です。 税務署が広範囲に調査できるのは、強力な調査権限と情報収集 […]

    相続税の反面調査

    相続税の反面調査 税務調査の一環として、申告書の内容や提出資料に不明な点がある場合、銀行、取引先企業、証券会社、生命保険会社や関係金融機関へ確認作業を行うことがあります。 これを反面調査と呼びます。反面調査により金融機関からの信用を失うことになりかね […]

    相続税の強制捜査

    相続税の強制捜査 税務調査とは本来申告書の内容が正確であるかどうかを確かめるために行われるもので、申告された4件に1件の割合で行われますので、脱法行為に身に覚えのない方は恐れる必要はありません。 税務調査のほとんどは任意調査で、事前に連絡が入ります。 […]

    マルサと相続税

    マルサと相続税 テレビや映画でもよく題材にされる「マルサ」。耳にしたことがある方がほとんどではないでしょうか。 マルサとは国税局調査査察部の通称で、国税局の一部署にあたります。申告内容に不明確が点があったりすると税務調査が入りますが、税務調査のほとん […]

    相続税の強制調査

    相続税の強制調査 相続税の税務調査には任意調査と強制調査の二種類があります。税務調査は納税者の同意を基にして行われる任意調査を基本にしています。 納税申告において不明な点があった場合、税務署員はこのことを調べる権利がありますので、納税者はこれに協力し […]

    相続税のKSKシステムとは

    相続税のKSKシステムとは KSKシステムとは、KOKUZEI SOUGOU KANRI(国税総合管理)システムの略称であり、全国の国税局や税務署をネットワークで結び、納税者の申告に関する全情報を一元的に管理するコンピュータシステムをいいます。平成1 […]

    相続税の税務調査割合

    相続税の税務調査割合 相続税はその他の税に比べても控除の割合が高く、一般家庭が相続税申告をし、相続税を納付することはあまりないようです。 しかし被相続人が資産家の場合は残される財産は多く、税制体系も複雑に絡み合っていますので、申告漏れや不正申告が行わ […]

    相続税の異議申立書について

    相続税の異議申立書について 異議申し立てというのは、相続税の税務調査が行われた際に、その調査結果に対して、不服があった場合、その判断や処分を下した税務署長などに対して、不服を申し立てることをいいます。 このときに提出するのが「意義申立書」です。これは […]

    相続税の更正処分について

    相続税の更正処分について 相続税の申告後、税務調査などで過少申告・不納付などが発覚した際に、国税庁・税務署から追徴課税などの罰則課税がなされること、もしくはその決定が下ることを「相続税の更正処分」といいます。 相続税の申告は、相続開始から10か月以内 […]

    1  2  3  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る