相続税における質問検査権|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続税における質問検査権

相続税における質問検査権

質問検査権という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

国税庁や国税局、税務署の職員が持つ権利の一つのことで、税金に関する調査が必要である場合、国税庁や国税局、税務署の職員が、納税義務者や納税義務があると認められる人物、もしくはこれらの人物に金銭などの給付をする義務があると認められる人物に対して、また、これらの人物に関する帳簿などの記録を調査することができます。

いわゆる税務調査の事ですが、納税義務者などに質問することが認められていること、もしくは帳簿などを調査することができることから質問検査権と呼ばれているものです。

相続税に関する調査では、この質問検査権を行使しての調査は任意のものとなります。

相続税に関して調査が必要と判断された場合、国税局や国税庁、税務署の職員はこの質問検査権を行使して調査を行いますが、それに協力するかしないかは調査対象者次第です。

任意の調査ですので、この調査には強制力はありません。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続税のKSKシステムとは
相続税のKSKシステムとは KSKシステムとは、KOKUZEI SOUGOU KANRI(国税総合管理)システムの略称であり、全国の国税局や税務署をネットワークで結び、納税者の申告に関する全情報を一元的に管理するコンピュータシステムをいいます。平成1 […]
相続税の時効・ペナルティ
相続税の時効・ペナルティ  相続税の申告期限の10カ月というのはあっという間にやって来ます。間に合わないと延滞税、無申告加算税、悪質な場合には40%という高率の重加算税というペナルティが科されることもあります。 相続税の時効とは、相続が発生してから5 […]
相続税についてのお尋ね
相続税についてのお尋ね 相続が発生すると、数ヵ月後相続人宛てに「相続についてのお尋ね」と題した書面が届くことがあります。市町村役場からの届出により、税務署はその死亡した人に相続が発生することを知ることが出来ます。 以前の税務申告から収入が多いと予想さ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145