相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税における質問検査権

相続税における質問検査権

質問検査権という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

国税庁や国税局、税務署の職員が持つ権利の一つのことで、税金に関する調査が必要である場合、国税庁や国税局、税務署の職員が、納税義務者や納税義務があると認められる人物、もしくはこれらの人物に金銭などの給付をする義務があると認められる人物に対して、また、これらの人物に関する帳簿などの記録を調査することができます。

いわゆる税務調査の事ですが、納税義務者などに質問することが認められていること、もしくは帳簿などを調査することができることから質問検査権と呼ばれているものです。

相続税に関する調査では、この質問検査権を行使しての調査は任意のものとなります。

相続税に関して調査が必要と判断された場合、国税局や国税庁、税務署の職員はこの質問検査権を行使して調査を行いますが、それに協力するかしないかは調査対象者次第です。

任意の調査ですので、この調査には強制力はありません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

全てが初めての事だったので、比較対象が無いので、はっきりとは言えませんが、 わかりやすく説明されて、納得したので満足しています。有り難うございました。

いろいろな質問にも丁寧にお答え頂き、業務に対してだけではなく不安感もとり除いて頂けました。ありがとうございました。

・契約前に対面にてわかりやすく説明をいただいた点 ・お任せで、こちらの手数がとても少なかったため ・こちらの要望にも対応いただいた点

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る