相続財産法人とは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続財産法人とは

相続財産法人とは

遺産相続が始まり、被相続人の戸籍上相続人の存在が認められない場合や、相続人がいてもすべての相続人が相続放棄をした等の場合は被相続人の遺産は相続財産法人により管理、調査及び換価されることになります。

ここでは、こういった場合に存在する相続財産法人について紹介します。

被相続人の遺産相続人が存在しない場合、その相続が円滑に運ばれません。

戸籍上相続人がいない場合でも、実際の相続人が必ず存在しないということを確定する訳ではありません。

また、遺産に債務などがあった場合債権者の立場を全く無視してしまうことともなります。

このような不都合が発生しない為に相続財産法人が家庭裁判所より選任されます。

相続財産法人は遺産の清算を目的として創設され、そこに相続財産管理人が選任され相続人の捜索や、相続財産の管理や清算を行っていきます。

相続財産法人が選任されると、その旨が官報で公告されます。

この広告開示から2か月経過すると次に被相続人の受遺者や債権者に向けて、その存在を名乗り出る旨を伝える広告がされます。

この時点で名乗り出れば、債権者は債権の返済を受けるための手続きができることになります。

その後財産が残っている場合さらに相続権主張の催告が公告されます。

これは、相続人である旨を名乗り出て、相続財産を相続する者を捜索する為の公告です。

この期間が終了したのちにまだ相続財産が清算できていない場合は、特別縁故者等に向けての公告がされます。

これらの公告を経ても相続財産が残っている場合は、最終的にその財産は国庫に引き継がれることになるのです。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続における居住権の主張
居住権とは 「居住権」という言葉は法律用語としての定義はありません。 一般的に、居住権とは、賃借権がなくなった後も、事実上継続して居住できる権利をいいます。 通常、他人所有の家屋に居住する場合には、契約に基づく賃借権が必要となります。 賃借権は、賃貸 […]
実子と養子の違い
実子と養子の違い 実子と養子は明らかに違いがあります。 実子は血縁関係のある子であり、養子は血縁関係のない子です。 これは、どうしても変えることのできない事実です。 しかし、身分を保障する法律上ではそこに変化が生じるため、遺産相続の場合などの為にこの […]
相続で実印登録がない場合
相続で実印登録がない場合 相続手続きにおいては、様々な場面で実印を押す必要があります。 実印とは、会社等法人の場合には登記所(法務局)で印鑑届書において提出した印鑑(通称は会社印・会社の実印・丸印・社長印などと呼ばれます)、個人の場合には市区町村に届 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306