年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続で実印登録がない場合

相続で実印登録がない場合

相続で実印登録がない場合

相続手続きにおいては、様々な場面で実印を押す必要があります。

実印とは、会社等法人の場合には登記所(法務局)で印鑑届書において提出した印鑑(通称は会社印・会社の実印・丸印・社長印などと呼ばれます)、個人の場合には市区町村に届け出た印鑑をいいます。

これらの印鑑は届出の際に押印した印鑑について、印鑑カードが発行され、この印鑑カードを所持している人が申請した場合には印鑑証明書が発行されることになっています。

つまり、遺産分割協議書などの書面に押印した印鑑が本人の意思により行われたことを確かめる方法として、あらかじめ公的機関に提出している陰影を証明した書面をセットにすることで、本人が自らの意思で遺産分割協議書などの内容を理解した上で、相続分の放棄や譲渡などの法律行為を自らの意思で行ったことを証明するための証拠となるという仕組みをとっています。

理論上の構成よりも実際に印鑑登録をして利用してみるほうがわかりやすいということができます。

印鑑証明書の有効期間

また印鑑証明書というと発行後3ヶ月以内が有効期間というご認識を持たれている方が多い傾向にありますが、相続手続きの場合には、必ずしも3ヶ月以内でなくてはならないということはありません。

例えば、登記手続きを司法書士に依頼する際の委任状に押印した印鑑にかかる印鑑証明書は、3ヶ月以内であることが必要ですが、遺産分割協議書に押印した印鑑の印鑑証明書の有効期間は制限がありません。

何年前の印鑑証明書であっても有効です。

相続手続きにおいては書類ごとに印鑑証明書の有効期間は異なることになります。

印鑑登録ができないケース

では、印鑑登録ができない場合にはどのようにして対応すれば良いのでしょうか。

印鑑登録ができない場合として、もっとも典型的に考えることができるのは相続人が幼児等意思能力すらないという場合です。

この場合には、法定代理人(親権者)が本人に代わって処分行為を行いますので、法定代理人のが届出をした印鑑で押印すれば問題はありません。

また、印鑑登録ができない場合というわけではありませんが、外国人の場合には印鑑登録を強制させるという制度を日本では採用していません。

印鑑は日本独自の制度であって、外国ではサインの方が重視される法文化の国もあります。

このような場合に印鑑登録を強制させることは国際協調主義(憲法第98条)の観点から、妥当ではないためです。

この場合には、実印登録をせずとも、例えば、サインについて本国官憲の証明書(サイン証明書)をもって印鑑証明書に代えることができます。

この他実印の登録ができない場合は印鑑の不備などの場合に限られるので、実印登録ができないというケースは極めて限定的ということができます。

関連性が高い記事

相続における居住権の主張

居住権とは 「居住権」という言葉は法律用語としての定義はありません。 一般的に、居住権とは、賃借権がなくなった後も、事実上継続して居住できる権利をいいます。 通常、他人所有の家屋に居住する場合には、契約に基づく賃借権が必要となります。 賃借権は、賃貸 […]

相続財産法人とは

相続財産法人とは 遺産相続が始まり、被相続人の戸籍上相続人の存在が認められない場合や、相続人がいてもすべての相続人が相続放棄をした等の場合は被相続人の遺産は相続財産法人により管理、調査及び換価されることになります。 ここでは、こういった場合に存在する […]

相続で実印登録がない場合

相続で実印登録がない場合 相続手続きにおいては、様々な場面で実印を押す必要があります。 実印とは、会社等法人の場合には登記所(法務局)で印鑑届書において提出した印鑑(通称は会社印・会社の実印・丸印・社長印などと呼ばれます)、個人の場合には市区町村に届 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る