相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続財産法人とは

相続財産法人とは

遺産相続が始まり、被相続人の戸籍上相続人の存在が認められない場合や、相続人がいてもすべての相続人が相続放棄をした等の場合は被相続人の遺産は相続財産法人により管理、調査及び換価されることになります。

ここでは、こういった場合に存在する相続財産法人について紹介します。

被相続人の遺産相続人が存在しない場合、その相続が円滑に運ばれません。

戸籍上相続人がいない場合でも、実際の相続人が必ず存在しないということを確定する訳ではありません。

また、遺産に債務などがあった場合債権者の立場を全く無視してしまうことともなります。

このような不都合が発生しない為に相続財産法人が家庭裁判所より選任されます。

相続財産法人は遺産の清算を目的として創設され、そこに相続財産管理人が選任され相続人の捜索や、相続財産の管理や清算を行っていきます。

相続財産法人が選任されると、その旨が官報で公告されます。

この広告開示から2か月経過すると次に被相続人の受遺者や債権者に向けて、その存在を名乗り出る旨を伝える広告がされます。

この時点で名乗り出れば、債権者は債権の返済を受けるための手続きができることになります。

その後財産が残っている場合さらに相続権主張の催告が公告されます。

これは、相続人である旨を名乗り出て、相続財産を相続する者を捜索する為の公告です。

この期間が終了したのちにまだ相続財産が清算できていない場合は、特別縁故者等に向けての公告がされます。

これらの公告を経ても相続財産が残っている場合は、最終的にその財産は国庫に引き継がれることになるのです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

時間が無い中、まとめていただき助かりました。

11/25の初回面談・相談から2/10の最終面談(相続税申告書類)まで的確なアドバイス、ご回答等有難うございました。 相続税納付期限(6/14)まで4か月ありますが、短期間に手続きを済ますことができ、本当に精神的に助かりました。 貴社の益々のご発展を […]

税理士の清水さん、角田さんには大変お世話になり、宅地の評価額に関し、数年前の記録類などのアドバイスも頂きました。 結果的に満足できる評価額になりました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

面談時の
3密対策

ページトップへ戻る