介護保険の受給申請方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

介護保険の受給申請方法

介護保険の受給申請方法

介護保険の受給を申請できる方は介護が必要であると感じたら、健康づくり課の窓口へ行きましょう申請を行う事が出来るかどうかを確認して、申し込み方法を行いましょう。

そのため老人ホームや、病院の治療代金などの領収書を保管しておきましょう。

介護保険は病状によっても様々な治療がありますので、その分お金がかかることがあります。

介護保険の受給の申請を行うには十分に審査を行いますので、どのような病状でどのくらいの治療代がかかっているのかを十分に介護をしている方が認識しておく必要があります。

介護は老人ホームだけではなくホームヘルパーなども利用が可能です。

ホームヘルパーになると出張代金などが加算されて少々割高になる事もあります。

老人ホームもその多くが民間の運営ですので、入居の際の条件をよく確認しましょう。

老人ホームによっては高額な入居代がかかるところや、治療のないようによっては高額な料金になる事もありますので、証明できる書類として領収書を保管しておくことをおススメします。

法的な手続きの全般

税理士や弁護士と解決を行えます。

特に相続の際には分割を行う場合の分割協議書記載方法として被相続人の名前をはじめに明記することからはじめます。

本籍、月日、死亡年月日を入力します。

次に遺産分割協議を行い双方が合意したことを示すように記載を行っていきます。

また次に相続人が不動産の住所、大きさを明記して、相続人の欄に相続人の氏名から口座番号を明記していきます。

このようにしっかりと金額と不動産の住所を明記することが求められます。

分割における注意点

相続は相続人全員の参加が絶対です。

医療費の払い戻しやその法定代理人が同じ相続人ではない方を選択する必要があります。

またすべての相続人の方の同意が必要になりますので一人で勝手の進めていくことが出来ないのが相続です。

特に期間が決まっているわけではないので分割を行う際にもゆっくり相続に関して協議を行っていくことが出来ます。

中には成年者が相続人になる可能性もありますが。

このときには特別代理人を用意することで未成年者の変わりに相続を代理して続けていくことが可能になります。

遺産分割協議完了時には遺産分割協議が家庭裁判所に申立てを行うことが可能です。

事調停委員会が相続当事者の話を聞き、助言をしてくれます。

どのように話し合いをまとめることが出来るかを指導してくれます。

その後に話をまとめることも可能になるように調停調書を作成することになります。

これに従ってすべてが進行していきますので十分な力を持っています。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
死亡後に行う高額療養費の申請手続き
自己負担額が一定の金額を超え申請を行なうことによって高額医療費として支給 高額療養費に該当している方には診療した月から2ヶ月後の月末に保険年金課から、高額療養費支給申請書が自宅へ送付される事になります。 この際に必要な提出書類は国民健康保険高額療養支 […]
死亡後に行う配当の受け取り手続き
死亡後に行う配当の受け取り手続き 死亡後に行う配当の受け取り手続きとして亡くなった方(被相続人)が株を所持していた時に、その株を相続することが可能になるように相続人の方が配当金について確認作業を行うことからはじめます。 まずは証券会社との確認を行いま […]
印鑑登録証の返還方法
印鑑登録証の返還方法 転出や、死亡などに伴い、印鑑登録は自動的に廃止になります。 そのためお住まいからお近くの市役所や役場での窓口に変換する義務が生じます。 対象者は転出や死亡された方のみです。 そのままにしておかずに早期のうちに返還することをおすす […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145