年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

死亡保険金を受け取った場合、相続税に絡んでくるの!?税金について解説!

死亡保険金を受け取った場合、相続税に絡んでくるの!?税金について解説!

死亡保険金を受け取った方は、どんな契約になっていたかで、税金の種類が変わることを把握しておりますか?

今回は、死亡保険に絡む税金についてご説明していきます。

1.死亡保険金は課税か?非課税か?

死亡保険金を受け取った場合、相続税に絡んでくるの!?税金について解説!

死亡保険金は保険契約の内容によって、受取人に課税される税金の種類が異なります。

保険契約者と被保険者が被相続人の場合には、受け取った保険金は「みなし相続財産」となり相続税の課税対象となります。しかし、受け取った保険金の全てが相続税の課税対象となるわけではありません。

死亡保険金には非課税枠があります。つまり、受け取った保険金が非課税枠の範囲内であれば相続税は課税されないということです。

 2.生命保険の非課税枠はどれくらい?

法定相続が生命保険や、損害保険を受取る場合、一定の金額までは非課税とされます。

法定相続の人数により非課税枠は異なります。
死亡保険金を受け取った場合、相続税に絡んでくるの!?税金について解説!

で計算します。

例えば、夫が自分自身の為に自分で保険をかけており、受け取り人を妻にします。

死亡保険金を受け取った場合、相続税に絡んでくるの!?税金について解説!

夫は死亡し、妻が死亡保険金を3,000万円受け取ります。この夫婦の間に子供が2人いるなら、3人(法定相続人)×500万円=1,500万円は非課税になります。

3.非課税枠を超えた場合は税金がかかるのか?

受け取った保険金が非課税枠を超えていた場合、超えた部分に関しては相続税の課税対象となりますが、相続税には「基礎控除」や「債務控除」があります。

そのため、単純に保険金の非課税枠を超えているから相続税を支払う必要があるという訳ではありません。

「基礎控除」の計算式は以下の通りです。

死亡保険金を受け取った場合、相続税に絡んでくるの!?税金について解説!

先ほどあげた例で計算してみましょう。

妻が受け取った死亡保険金3,000万円、非課税枠は1,500万円、これに加えて、他の相続財産が4000万円あり、債務控除対象になる借金500万円と葬式費用200万円があるとします。

死亡保険金を受け取った場合、相続税に絡んでくるの!?税金について解説!

相続財産は3,000万円+4,000万円を合わせた7,000万円です。

債務控除が500万円+200万円=700万円です。

基礎控除は3,000万円+600万円×法定相続人3人=4,800万円です。

死亡保険金を受け取った場合、相続税に絡んでくるの!?税金について解説!

つまり、先ほどの例で考えると上記の図のようになるため、相続税は発生しません。

 4.配偶者の税額軽減とは?

配偶者にはさらに税額軽減制度があります。上記で説明したものに追加でさらに1億6,000万円までほ非課税です。

しかし、この金額を上回っていたとしても法定相続分の範囲内であれば課税されることはありません。

配偶者の税額軽減を利用する場合は2次相続(次の相続)の際に相続する方の納税額が増えることがあるので注意が必要です。

相続税の配偶者控除とは?配偶者は、1億6千万円相続しても無税なの?

 5.税金対策には保険金を利用すると良いのか?

死亡保険金の非課税金額は【500万円×法定相続人の人数】なので、法定相続人が多いほど控除を受けることが可能になります。

法定相続人が4人いる場合、死亡保険金の非課税額は2,000万ですから、保険金で2,000万受け取っても税金は0円。非課税です。

しかし、現金で2,000万円受け取るとすれば、非課税ではないので相続税の課税対象になります。

死亡保険金を受け取った場合、相続税に絡んでくるの!?税金について解説!

同じ金額を相続するにあたり、受け取り方法によって、相続税評価額を下げることができるのです。つまり、保険をうまく活用することで、相続税の対策を行うことができるのです。

 6.争いを少なくするには死亡保険金!

生命保険の死亡保険金は不動産とは異なり、受け取り人固有の財産にすることが可能です。

死亡保険金は遺産分割協議の対象外になるので、特定の決まった人に遺産を残したい場合に有効な手段です。生命保険は受け取り人を1人ではなく、複数人にすることが出来ます。

争いのリスクを少なくしたい場合に上手に保険を活用することで死亡保険金で相続財産分割をすることもできるかもしれません。

遺産分割でもめないために【遺産分割協議とは?】

 7.死亡保険金を利用して、相続税を納税する。

時折、遺産に不動産が沢山あり、現金がない場合、相続税を支払うことが出来ないというケースがあります。

一方、生命保険の死亡保険金であれば、書類を準備するだけで、スピーディーに約1週間でお金を受け取ることができます。

生命保険の死亡保険金があれば不動産の相続税を支払うことができますから、相続税を納税するためのお金を準備するのに生命保険を活用することもできます。

 8.死亡保険金を受け取った場合も確定申告は必要になるのか?

結論から言うと、確定申告は必要です。

何らかの理由で被保険者が死亡し、死亡保険金を受け取った場合、保険金受取人に所得税、相続税、贈与税が発生することがあります。

誰が保険料を負担しており、被保険者が誰か、受け取りが誰かによって税金の種類は異なります。死亡保険金を受け取った場合、相続税に絡んでくるの!?税金について解説!
所得税に該当するなら、死亡保険金を受け取った年の翌2月16日から3月15日までに確定申告をします。

贈与税に該当するなら、死亡保険金を受け取った年の翌2月1日から3月15日までに確定申告をします。

死亡保険金の非課税枠を利用することを考慮しているなら、保険料負担者と被保険者の名前を同じにします。

まとめ

保険を活用することで、節税対策、納税資金準備対策、争族対策を行うことができるので上手に活用してみましょう。

関連性が高い記事

死亡後に行う配当の受け取り手続き

死亡後に行う配当の受け取り手続き 死亡後に行う配当の受け取り手続きとして亡くなった方(被相続人)が株を所持していた時に、その株を相続することが可能になるように相続人の方が配当金について確認作業を行うことからはじめます。 まずは証券会社との確認を行いま […]

死亡後に行う高額療養費の申請手続き

自己負担額が一定の金額を超え申請を行なうことによって高額医療費として支給 高額療養費に該当している方には診療した月から2ヶ月後の月末に保険年金課から、高額療養費支給申請書が自宅へ送付される事になります。 この際に必要な提出書類は国民健康保険高額療養支 […]

印鑑登録証の返還方法

印鑑登録証の返還方法 転出や、死亡などに伴い、印鑑登録は自動的に廃止になります。 そのためお住まいからお近くの市役所や役場での窓口に変換する義務が生じます。 対象者は転出や死亡された方のみです。 そのままにしておかずに早期のうちに返還することをおすす […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る