お通夜とは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

お通夜とは

お通夜とは

お通夜は、亡くなった人と近しかった人たちが死者と共に一夜を過ごすことで、邪霊の侵入を防ぐと言われており、遺族や親族等の親しい人たちが参列し、故人との最後の別れを惜しむため、故人の冥福を祈るために行われる儀式です。

しかし、都合で葬儀や告別式に参列できない場合には、それほど親しくなくても、代わりに通夜に弔問してもかまいません。

お通夜の儀式は、一般的に午後6時頃から9時頃まで行われますが、弔問に伺う際、早すぎても遅すぎても迷惑になってしまうので、開始10分前に到着する程度が好ましいでしょう。

受付では、一礼しお悔やみの言葉を手短に述べる、もしくは、軽く黙礼するといった作法を行い、会場においては、話すときは小声で言葉少なに話すようにし、挨拶に関しても黙礼する程度にします。

参列を終えたら、一般の弔問客は焼香を済ませ次第退席するのが一般的ですが、弔問客に食事や夜食が用意される通夜振る舞いに招かれた場合には、出来る限り参加するようにしましょう。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
密葬でも香典が必要か?
密葬でも香典が必要か? 近年「密葬」あるいは「家族葬」と呼ばれる簡易な葬儀が増えています。 様々な儀礼を省いた葬儀方法です。 密葬ないしは家族葬が増加した理由としては、特別な事情で公に葬儀を行うことが出来ないといったケースもありますが、多くは近しい身 […]
お墓、墓地の相続税評価
お墓、墓地の相続税評価 相続税の納付にあたっては、相続財産を評価することが必要となります。 相続財産は原則として、相続開始時の時価で評価することとなっています。 そして時価評価の基準は、公平な課税徴収のために、国税庁のルール(財産評価基本通達)に従う […]
位牌の価格相場は?
位牌とは 位牌とは、故人の霊を祀る為に、仏壇やお寺の位牌段に安置する、戒名の書かれた木製の牌です。 葬儀に用いる白木の位牌は仮位牌です。 四九日の法要までに本位牌に作り替える必要があり、これが一般的に位牌といわれるものにあたります。 四九日の法要で作 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145