相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

お通夜とは。お通夜の流れと手順

お通夜とは、亡くなった人と近しかった人たちが死者と共に一夜を過ごすことで、邪霊の侵入を防ぐと言われている儀式です。現在では、遺族や親族、故人と親交のあった知人や友人が参列し、故人との最後の別れを惜しみ、その冥福を祈ります。

亡くなった当日の夜は近親者のみの仮通夜を行い、翌日に納棺し、本通夜を行うのが一般的です。
しかし、最近では参列者の予定や参加しやすさなどを考慮して、亡くなった日に関わらず通夜を平日の夜に行い、その週末に告別式や葬式・葬儀を行うといったケースも増えています。

親族側のお通夜の流れと手順

通夜を行うにあたって、遺族はまず、受付係や接待係といった役割を分担する必要があります。

通夜の流れとしては、弔問客を受け入れる為の受付準備から始まり、受付、着席といった手順ですが、僧侶が到着されたら一旦控え室にご案内し、茶菓子の接待を行います。

一同が着席し終えたら、進行係の案内で僧侶に式場へ入場して頂き、通夜の開式を行い、読経を始めて頂きます。

読経は通常30分から40分程かかりますが、その間、僧侶や進行係の合図に従って、喪主から始まり、席次の順に焼香を行います。

また、読経後に説教がある場合には、説教の後に焼香を行います。

焼香を行う際には、僧侶に一礼した上で祭壇の前へ進み、終わったら参列者に対しても一礼し、席に戻ります。

全員の焼香が終わり次第、進行係が僧侶を通夜振る舞いの席に案内し、喪主から弔問客への挨拶及び通夜振る舞いの席への案内を行います。

参列者のお通夜の流れと手順

冒頭で述べた通り、お通夜は一般的に親族や友人が参列・弔問する儀式です。
しかし、都合で葬儀や告別式に参列できない場合には、それほど親しくなくても代わりに通夜に弔問しても構いません。

お通夜の儀式は、一般的に午後6時頃から9時頃まで行われますが、弔問に伺う際、早すぎても遅すぎても迷惑になってしまうので、開始10分前に到着する程度が好ましいでしょう。

受付時間になったら受付に行きます。受付では、一礼しお悔やみの言葉を手短に述べる、もしくは軽く黙礼するといった作法を行います。

会場においては、話す時は小声で言葉少なに、挨拶に関しても黙礼する程度にしましょう。

参列を終えたら、一般の弔問客は焼香を済ませ次第退席するのが一般的です。故人と親しい間柄だった場合などには、弔問客に食事や夜食を用意する「通夜振る舞い」に招かれることもありますが、その時にはできる限り参加すると良いでしょう。

【参考】葬儀用語集

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る