相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

お通夜の手順

お通夜の手順

通夜では、遺族や親族はもちろん、故人と親交のあった知人や友人が参列し、故人の冥福を祈ります。

亡くなった当日の夜は、近親者のみの仮通夜を行い、翌日に納棺し、本通夜を行うのが一般的です。

通夜を行うにあたって、遺族はまず、受付係や接待係といった役割を分担する必要があります。

通夜の流れとしては、弔問客を受け入れる為の受付準備から始まり、受付、着席といった手順ですが、僧侶が到着されたら一旦控え室にご案内し、茶菓子の接待を行います。

一同が着席し終えたら、進行係の案内で僧侶に式場へ入場して頂き、通夜の開式を行い、読経を始めて頂きます。

読経は通常30分から40分程かかりますが、その間、僧侶や進行係の合図に従って、喪主から始まり、席次の順に焼香を行います。

また、読経後に説教がある場合には、説教の後に焼香を行います。

焼香を行う際には、僧侶に一礼した上で祭壇の前へ進み、終わったら参列者に対しても一礼し、席に戻ります。

全員の焼香が終わり次第、進行係が僧侶を通夜振る舞いの席に案内し、喪主から弔問客への挨拶及び通夜振る舞いの席への案内を行います。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての事で期間もないなかで、色々なアドバイス・書類製作をして頂きとても心強く、ありがとうございました。 安心してお任せする事ができました。感謝いたします。

2017~2019年にかけて大変お世話になり誠にありがとうございました。 「遺産相続」という言葉でさえ縁遠いものでしたので全てをお任せすることとなりましたが、 丁寧な対応と適格な説明をしてくださる担当者様でしたので、心から信頼できました。 また担当者 […]

この度は、大変お世話になりまして、誠に有難うございました。 煩雑な相続問題に対して、専門家の詳細な調査と判断を受けることが出来ました。 期限内にけじめをつけることができましたこと、本当に感謝しております。 将来的には、自分の財産をどうしていくか、悩む […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る