相続登記の法務局への申請方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続登記の法務局への申請方法

相続登記の法務局への申請方法

相続登記の法務局への申請方法は自分で行うことも可能です。

自分で用意するべき書類は原本還付の手続きをした原本を除いて登記申請書を先頭にして提出します。

登記がすべて終了してから返却されます。

登録免許税にかかる額面分の収入印紙を買い、申請書の余白の部分に貼り付けましょう。

この時割印をすることは出来ません。

管轄法務局の不動産登記申請の窓口へ

申請を行うには管轄法務局の不動産登記申請の窓口で 登記申請書類を提出します。

郵送で申請しても不備があるようであれば、補正のために法務局へ行く必要があります。

申請する前に相談窓口で記入漏れや、書類の不備を確認し、スムーズに手続きを行いましょう。

申請書に押した印鑑を持参ましょう。

訂正を行う際に使用することになります。

郵送するものとして不動産登記申請書在中と記載し、 書留郵便等で、管轄の法務局の中に設置されている部署で不動産登記権利係まで郵送しましょう。

相続登記における必要な書類は以下のようになります。

まずはじめに、不動産の登記事項証明書を法務局にて取得します。

また被相続人の住民票も必要になります。

登記簿と、住所の戸籍謄本のつながりを証明することになります。

また被相続人に配偶者がいるかどうかを確認することになります。

相続人のすべての方の戸籍謄本が必要になりますので事前に皆さんが用意できるようにしてください。

法定相続分の登記の場合や、相続する方が1人の時には印鑑証明も不要になります。

遺産分割協議書についても司法書士や、本人が作成することが求められます。

被相続人の財産を相続人のどの方が何を相続するのかを定めて相続人すべての方の記名と、印鑑が必要になります。

相続人すべての方の印鑑証明も必要になりますので、お住まいの近くの町役場で取得しましょう。

法定相続分の登記の場合や、相続する方が1人の時には印鑑証明も不要になります。

また遺言状があるときにはそれに従って相続の手続きを進めていきますので、必要になる書類が変更になることがあります。

基本的に遺言状は相続への意思がこめられていますので、大変大きな役割を果たすことになります。

すべての相続人の方に権利がありますが遺言状一つで分配が決まったり、相続を促すために使用することもあり、故人の意思を尊重するために遺言状を無視せずに相続に故人の意思が影響するように手続きを行っていきます。

初めての方でも、簡単に相続を行うことが出来るように専門家への相談などを行って慎重にプロセスを進めていきましょう。

この手続きは正しい相続をすることが可能になります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
共有名義の土地の相続について知っておきたいこと
不動産の共有は遺産分割において避けた方がいいと言われています。この記事では共有名義の土地の相続について知っておきたい問題点と、また共有が適してるケースについても解説しますので参考にしてください。 1.共有名義の土地の基礎知識 共有とは、ひとつの物を複 […]
課税時期における実際の面積と登記地積が異なる場合
課税時期における実際の面積と登記地積が異なる場合 登記所(法務局)に備置されている登記事項証明書を取得すると、表題部(土地の物理的現況について記載された部分)に対象となる土地の面積(地積)が記載されています。 また、さらに詳しく地積を測量した図面(地 […]
相続登記を一部だけできるか
相続登記を一部だけできるか 相続登記を一部だけ登記することはできるのでしょうか。 例えば、相続した土地がA、Bとあり、それを二人でそれぞれ相続することになった場合、Aは登記をしてBは登記をしない、というようなことができるのでしょうか。 相続登記は、自 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306