相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続した不動産に不動産取得税はかかる?

相続した不動産に不動産取得税はかかる?

相続した不動産に不動産取得税はかかる?

不動産取得税とは、売買、贈与、交換、建築等によって、土地や家屋といった不動産の所有権を取得する際に、一度だけ課税されるものですが、登記の有無や有償無償の別、期間の長短や取得の理由を問わず、不動産を取得した人が納税しなければなりません。

不動産を取得した際、取得した日から60日以内に不動産取得申告書を、不動産所在地の市役所や町村役場、もしくは管轄の県税事務所に提出しなければなりません。

期限内に申告書を提出しなかった場合、不動産取得税の軽減措置や課税免除といった措置の適用が受けられないこともあるので、期日や内容について、しっかりと把握しておく必要があります。

また、相続により不動産を取得した場合には、非課税となっている為に不動産取得税はかからず、取得に関する申告も必要ありません。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る