相続税の申告・相談なら年間申告実績1,700件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,724件(令和3年実績) 業界トップクラス
【全国10拠点】東京本店・新宿・池袋・千葉・大宮・横浜・名古屋・神戸・大阪・福岡
【全国11拠点】
最寄り事務所を探す»

面談予約専用フリーダイヤル

0120-888-145

平日 9時〜21時 土日祝 9時〜17時

  • 東京
    【東京事務所】直通フリーダイヤル0120-390-306
  • 新宿
    【新宿事務所】直通フリーダイヤル0120-688-377
  • 池袋
    【池袋事務所】直通フリーダイヤル0120-958-840
  • 千葉
    【千葉事務所】直通フリーダイヤル0120-567-905
  • 大宮
    【大宮事務所】直通フリーダイヤル0120-736-510
  • 横浜
    【横浜事務所】直通フリーダイヤル0120-958-968
  • 名古屋
    【名古屋事務所】直通フリーダイヤル0120-822-088
  • 京都
    【京都事務所】直通フリーダイヤル0120-575-985
  • 大阪
    【大阪事務所】直通フリーダイヤル0120-957-728
  • 神戸
    【神戸事務所】直通フリーダイヤル0120-817-825
  • 福岡
    【福岡事務所】直通フリーダイヤル0120-359-520
お電話

各事務所詳細ページに飛びます

相続した不動産に不動産取得税はかかる?他に納税義務がある税金は?

相続した不動産に不動産取得税はかかる?他に納税義務がある税金は?

住宅の購入などで不動産を取得した場合は、不動産取得税が課税されます。
不動産を相続した場合は非課税になりますが、遺言で与えられた場合や贈与にあたる場合は課税されます。

ここでは、不動産の相続でどのような場合に不動産取得税がかかるかを解説し、税額の計算方法や軽減措置についてご紹介します。
あわせて、不動産を相続したときに他に納税義務がある税金もご紹介します。

不動産を相続した場合にどのような税金がどれぐらいかかるかを知っておきたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.不動産取得税とは

相続した不動産に不動産取得税はかかる?他に納税義務がある税金は?

不動産取得税とは、売買、贈与、交換、建築(新築、増築)等で土地や家屋といった不動産の所有権を取得するときに、一度だけ課税される税金です。
登記の有無や有償か無償か、取得の理由を問わず、不動産を取得した人が納税しなければなりません。

不動産を取得したときは、取得した日から60日以内(※)に「不動産取得申告書」を不動産所在地の都道府県税事務所に提出します。(※都道府県によっては20日以内や30日以内としているところもあります。)

期限内に申告書を提出しなかった場合でも、都道府県から納税通知書が送られることがあります。
しかし、申告をしなければ、不動産取得税の軽減措置が適用されない場合があります。
そのため、申告の期日や軽減措置の内容について把握しておく必要があります。

2.相続では不動産取得税は非課税

不動産を相続した場合は、不動産取得税は課税されません。取得に関する申告や免除申請なども必要ありません。
相続は、売買や贈与とは異なり「形式的な所有権の移転」にすぎないからです。

なお、不動産取得税が課税されるかどうかは、相続税の課税の有無とは関係ありません。

3.相続で不動産取得税が課税されるケースとは?

不動産を相続した場合は、不動産取得税は課税されません。
ただし、亡くなった人から不動産を譲り受けてもそれが贈与にあたる場合は、不動産取得税が課税されます。

この章では、亡くなった人から不動産を譲り受けた場合に不動産取得税が課税されるケースをご紹介します。

3-1.特定遺贈の場合

相続人以外の人が遺言で指定された不動産を譲り受けた場合は、不動産取得税が課税されます。

遺言で財産を与えることを遺贈といいますが、遺贈には2つの方法があります。

  • 特定遺贈:「○山○男に自宅不動産を遺贈する」というように財産を指定する遺贈
  • 包括遺贈:「○田○子に財産の2分の1を遺贈する」というように割合を指定する遺贈

特定遺贈は贈与にあたり不動産取得税が課税されますが、包括遺贈は相続と同じであるとして課税の対象にはなりません。

なお、遺言で相続人に財産を与える場合は、特定遺贈でも包括遺贈でも不動産取得税はかかりません。

遺贈の方法・遺贈の相手と不動産取得税の関係をまとめると、次の表のとおりになります。

遺贈の方法・遺贈の相手 相続人 相続人以外
特定遺贈 非課税 課税
包括遺贈 非課税 非課税

3-2.死因贈与の場合

死因贈与で不動産を譲り受けた場合も、不動産取得税が課税されます。

死因贈与とは、贈与者が死亡したことで効力が生じる贈与契約のことです。
たとえば、祖父が孫に「私が死んだらこの家をあげよう」と伝えて、孫が「ありがとう、もらいます」と受諾すれば死因贈与となります。

贈与者が死亡したことで不動産の所有権が移る点では相続と似ていますが、誤解しないよう注意が必要です。

死因贈与についての詳しい説明は「死因贈与とは?基礎知識やメリット・デメリット、手続き方法を解説」もご覧ください。

3-3.生前贈与の場合

相続対策として生前贈与が行われる場合がありますが、生前贈与で不動産を譲り受けた場合は、不動産取得税が課税されます。

生前贈与の目的が相続対策であったとしても、通常の贈与と同じように不動産取得税の課税対象になります。

3-4.相続時精算課税制度で生前贈与した場合

相続時精算課税制度を適用して不動産を譲り受けた場合も、不動産取得税が課税されます。

相続時精算課税制度で贈与された財産は、最終的に贈与者が死亡したときに相続税の課税対象になります。
しかし、不動産取得税の課税は相続税の課税の有無とは関係なく、対象の不動産が贈与されたときに不動産取得税が課税されます。

(参考)相続時精算課税制度とは何か?メリットやデメリットも全て解説!

3-5.相続登記完了後に遺産分割をやり直した場合

不動産の相続登記が完了した後に遺産分割をやり直した場合も、不動産取得税が課税されます。

一度完了した遺産分割をやり直した場合は、相続人どうしで財産をやり取りしたことになり、通常の贈与と同じように不動産取得税の対象になります。

4.不動産取得税の計算方法

続いて、不動産取得税が課税される場合の税額の計算方法をご紹介します。

不動産取得税の税額は、次の式で求められます。

  • 不動産取得税=課税標準(固定資産税評価額)×税率

不動産の売買代金ではなく、固定資産税評価額をもとに計算するため、無償で贈与された場合にも税額が発生します。

税率は下記のとおりです。

  • 土地、住宅用の建物:3%(令和6年(2024年)3月31日までの特例)
  • 店舗・事務所など住宅以外の建物:4%

主に住宅を取得した場合は、軽減措置により減額される場合があります。
(軽減措置の内容はこのあとご紹介します。)

5.不動産取得税の軽減措置

不動産取得税には、さまざまな軽減措置があります。
ここでは、遺贈や生前贈与などで不動産を取得するときに適用できるものを中心に、不動産取得税の軽減措置を簡単にご紹介します。

詳しい内容は、都道府県のホームページなどで確認してください。

5-1.住宅を取得した場合の軽減措置

自分が住むための中古住宅を取得した場合は、床面積や耐震性が一定の要件を満たしていれば、不動産取得税の課税標準が軽減されます。
具体的には、その住宅が新築された日に応じて指定された金額(100万円~1,200万円)が住宅の価格から控除されます。

また、新築住宅については、面積が一定の要件を満たす場合に住宅の価格から1,200万円(認定長期優良住宅は1,300万円)が控除されます。

5-2.宅地を取得した場合の軽減措置

相続した不動産に不動産取得税はかかる?他に納税義務がある税金は?

令和6年(2024年)3月31日までに取得した宅地については、固定資産税評価額の2分の1を課税標準とします。

また、住宅用の土地を取得して、その土地に建つ住宅が軽減措置の対象であるなど一定の要件を満たす場合は、不動産取得税の税額が減額されます。
減額される税額は、次のいずれか多い方の金額です。

  • 45,000円
  • 土地1㎡あたりの価格×1/2×住宅の床面積の2倍(上限200㎡)×3%

6.不動産の相続で相続税以外に納税義務がある税金は?

不動産に限らず遺産を相続した場合は、相続税が課税されます。

(参考)相続税はいくらからかかる?基礎控除額と遺産の総額を知ろう

さらに、不動産の相続では相続税以外にも納税すべき税金があります。
ここでは、不動産を相続したときに、相続税のほかに納税義務がある税金をご紹介します。

6-1.相続不動産を自己所有資産とした場合の固定資産税

相続した不動産を自己で所有する場合は、固定資産税が課税されます。
また、不動産が市街化区域にある場合は、都市計画税も課税されます。

税額は原則として下記のとおり計算しますが、さまざまな軽減措置があります。

  • 固定資産税=課税標準(固定資産税評価額)×4%(※)
  • 都市計画税=課税標準(固定資産税評価額)×3%(※)

(※税率は自治体によって異なる場合があります。)

固定資産税・都市計画税は、毎年1月1日時点の所有者に対して課税されます。
納税は何回かに分けて行うことが多く、故人に未払いの税額がある場合は、相続人が納税義務を承継して代わりに納めなければなりません。

死亡の翌年からは、登記された相続人のもとへ納税通知書が送られます。
ただし、相続登記ができていない場合は、相続人の全員が連帯して納税しなければなりません。

6-2.相続不動産を登記するときの登録免許税

相続した不動産の名義を変更するための登記(相続登記)には、登録免許税がかかります。

税額は、対象の不動産の固定資産税評価額に税率をかけて求めます。
ただし、死因贈与、相続人以外への遺贈は税率が高くなるため注意が必要です。

  • 相続の場合、相続人への遺贈の場合の税率:4%
  • 死因贈与の場合、相続人以外への遺贈の場合の税率:0%

6-3.相続不動産で賃貸収入があるときの所得税

賃貸マンションなどを相続した場合は、相続人は家主となり賃貸収入が得られます。
賃貸収入から管理に必要な経費を引いた部分は家主の不動産所得になり、所得税・住民税が課税されます。

賃貸収入による不動産所得は、毎年確定申告をしなければなりません。

不動産所得は他の所得と合算して税額が計算されます。
所得税の税率は所得に応じて5%~45%であり、住民税の税率は一律10%です。
(所得税の税額には、2.1%の復興特別所得税が課税されます。)

6-4.相続不動産を処分したときに利益が出た場合の譲渡所得税

相続した不動産を売却して利益が出た場合は、所得税・住民税が課税されます。
売却益は、売却金額から故人がはじめに取得したときの金額(取得費)を引いて求めます。

なお、相続から3年以内に売却した場合は、相続税の一部を取得費に加算することができます。

(参考)相続財産を3年以内に売却すると節税!相続税の取得費加算

不動産の売却益は、売却した翌年に確定申告をしなければなりません。

不動産の売却益に関する税額は、他の所得と分離して計算します。
税率は、所得税と住民税を合わせて20%ですが、故人がはじめに取得したときから売却した年の1月1日まで5年を経過していない場合は39%になります。
(所得税の税額には、2.1%の復興特別所得税が課税されます。)

7.まとめ

不動産取得税は、相続人が相続する場合は非課税ですが、相続人以外への特定遺贈など課税されるケースもあります。

そのほか、不動産の相続ではさまざまな税金がかかります。
税負担を少なくするには、不動産をどのように承継すればよいか専門家に試算してもらうとよいでしょう。

税理士法人チェスターは、相続税専門の税理士法人として不動産オーナー様の資産承継のご相談を承っております。初回面談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

税理士法人チェスター 不動産有効活用コンサルティング

※この記事は専門家監修のもと慎重に執筆を行っておりますが、万が一記事内容に誤りがあり読者に損害が生じた場合でも当法人は一切責任を負いません。なお、ご指摘がある場合にはお手数おかけ致しますが、「お問合せフォーム→掲載記事に関するご指摘等」よりお問合せ下さい。但し、記事内容に関するご質問にはお答えできませんので予めご了承下さい。

相続人になったら必ず読んでおきたい一冊

相続税専門の税理士法人チェスターが監修する、相続人が読むべき本「相続対策と相続手続き」、会社紹介と「はじめてでも分かる!相続税申告&相続対策の基本」を押さえたDVD特典付きの資料請求を無料でプレゼントしております。

これから相続が起きそうという方も、すでに相続が起きている方にも有効活用して頂ける一冊です。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
21:00

土日祝
9:00-
17:00

お電話

面談予約専用

0120-888-145

【平日】9時~21時 【土日祝】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る