相続税の納税猶予制度とは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続税の納税猶予制度とは

相続税の納税猶予制度とは

農地の相続税・贈与税の納税猶予を受けることにより、税負担を軽減し、農業経営の継続を図り、さらに農業経営の若返りや農地の零細化の防止を図ることが目的の制度です。

特例を受けるための条件は以下の条件となります。

被相続人の第1の条件は、死亡の日まで農業経営を行っていた人です。
第2の条件は、農地等の生前一括贈与をした人です。<

なお、相続人の条件は、次のいずれかに該当する者であることについて、農業委員会が証明した者であることが必要です。

第1の条件は、相続税の申告期限までに、相続か遺贈により取得した農地等で農業経営を開始し、その後も農業を継続すると認められる人です。

第2の条件は、贈与税納税猶予の適用を受けた人で、農業者年金の経営移譲年金を受けるために、その推定相続人の一人に農地等を使用貸借による権利設定をして農業経営を移譲した人です。

なお、対象となる農地は被相続人が農業用に使用していた農地、採草放牧地又は農用地区域内の準農地で、次の全てに該当するものが対象となります。

第1の条件は、被相続人から相続又は遺贈(生前一括贈与等)を受けた農地等であることです。
第2の条件は、相続税の申告期限内に分割された農地等であることです。
第3の条件は、被相続人が農業用として農地等を使用していたものであることです。
第4の条件は、相続税の期限内申告書に、この制度の適用を受ける記載があることです。
第5の条件は、準農地は、農地及び採草放牧地とともに取得したものであることです。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続税の時効
相続税の時効について 相続税は国税であり、国の債権です。国税債権は国税通則法の定めに従い、原則として5年で時効にかかります。 つまり、5年間相続税を納付しないことで相続税の負担から免れることとなります。この時効制度の存在理由(趣旨)については、様々な […]
遺産取得税方式とは
遺産取得税方式とは 相続財産の相続税評価においては、遺産課税方式と遺産取得課税方式とに大きく分けられます。 まず、遺産課税方式とは、相続人の人数や相続の配分などに関係なく、被相続人の財産(合計)に着目して評価をするやり方です。 まずはその被相続人の持 […]
養子縁組前の3年内加算について
養子縁組前の3年内加算について 相続税はその法定相続人が多いほど非課税対象額が多くなることはご存知の方が多いはずです。課される相続税の対象財産はどこまでのことを指すのでしょうか。 相続税の節税対策として一般的なのは生前贈与、つまり財産の一部を相続人に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306