相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税の納税猶予制度とは

相続税の納税猶予制度とは

農地の相続税・贈与税の納税猶予を受けることにより、税負担を軽減し、農業経営の継続を図り、さらに農業経営の若返りや農地の零細化の防止を図ることが目的の制度です。

特例を受けるための条件は以下の条件となります。

被相続人の第1の条件は、死亡の日まで農業経営を行っていた人です。
第2の条件は、農地等の生前一括贈与をした人です。<

なお、相続人の条件は、次のいずれかに該当する者であることについて、農業委員会が証明した者であることが必要です。

第1の条件は、相続税の申告期限までに、相続か遺贈により取得した農地等で農業経営を開始し、その後も農業を継続すると認められる人です。

第2の条件は、贈与税納税猶予の適用を受けた人で、農業者年金の経営移譲年金を受けるために、その推定相続人の一人に農地等を使用貸借による権利設定をして農業経営を移譲した人です。

なお、対象となる農地は被相続人が農業用に使用していた農地、採草放牧地又は農用地区域内の準農地で、次の全てに該当するものが対象となります。

第1の条件は、被相続人から相続又は遺贈(生前一括贈与等)を受けた農地等であることです。
第2の条件は、相続税の申告期限内に分割された農地等であることです。
第3の条件は、被相続人が農業用として農地等を使用していたものであることです。
第4の条件は、相続税の期限内申告書に、この制度の適用を受ける記載があることです。
第5の条件は、準農地は、農地及び採草放牧地とともに取得したものであることです。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続は初めての事で、何もわからず気が重いばかりでしたが、丁寧に説明をしていただき、途中に何度も経過報告などもあり、安心しておまかせできました。 担当していただいた先生方が話しやすく、私の方からも何度も電話してしまいましたが、その都度丁寧に親切に対応し […]

初めての事で、当初税務署で地元の税理士協会より税理士を紹介いただき話を聞いたがよく分からず インターネット検索で御社のホームページを拝見し予約しました。 対応して頂いた河越氏の説明が丁寧で分かり易く、すぐにお願いしました。 その後の親切で心配りのある […]

1年で2回の相続が発生し、被相続人2人の間に存在する債権債務関係を相続税の申告にあたってどのように整理するかなど、こちらの話をよく聞いて処理していただきました。 2次(3次?)相続も念頭に、どのように遺産分割することが有効なのかもよく検討していただき […]

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る