相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税の納税猶予制度とは

相続税の納税猶予制度とは

農地の相続税・贈与税の納税猶予を受けることにより、税負担を軽減し、農業経営の継続を図り、さらに農業経営の若返りや農地の零細化の防止を図ることが目的の制度です。

特例を受けるための条件は以下の条件となります。

被相続人の第1の条件は、死亡の日まで農業経営を行っていた人です。
第2の条件は、農地等の生前一括贈与をした人です。<

なお、相続人の条件は、次のいずれかに該当する者であることについて、農業委員会が証明した者であることが必要です。

第1の条件は、相続税の申告期限までに、相続か遺贈により取得した農地等で農業経営を開始し、その後も農業を継続すると認められる人です。

第2の条件は、贈与税納税猶予の適用を受けた人で、農業者年金の経営移譲年金を受けるために、その推定相続人の一人に農地等を使用貸借による権利設定をして農業経営を移譲した人です。

なお、対象となる農地は被相続人が農業用に使用していた農地、採草放牧地又は農用地区域内の準農地で、次の全てに該当するものが対象となります。

第1の条件は、被相続人から相続又は遺贈(生前一括贈与等)を受けた農地等であることです。
第2の条件は、相続税の申告期限内に分割された農地等であることです。
第3の条件は、被相続人が農業用として農地等を使用していたものであることです。
第4の条件は、相続税の期限内申告書に、この制度の適用を受ける記載があることです。
第5の条件は、準農地は、農地及び採草放牧地とともに取得したものであることです。

相続・各種手続き、お困りごとなど「相続」に関するご相談ならお任せください!【TEL】0120-992-430(平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00)

※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税申告、お見積り・面談予約。「相続税申告」に関することはお任せください!【TEL】0120-888-145(平日9:00~20:00、土曜9:00~17:00)

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

税理士さんというと税金・税務署と連想され固いイメージだったので初めての面談に行く時は少々緊張していったのですが、優しい税理士さん達だったので相談や質問がしやすく助かりました。基本的なことから丁寧に説明して頂き、感謝しています。

担当の伊藤様には大変お世話になりました。 一連の手続きを自身で行うことを考えると気が遠くなりそうです。 やはりプロにお任せするのが一番だと改めて感じました。ありがとうございました。

・申告までに思っていたよりも意外と時間がかかった。 ・相続税で心配していたことが少し解消した。 ・このあと、何かあった時に心強いと思った。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る