相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税の期限後申告の特則

小規模宅地等の特例の適用けるためには、相続税の申告が必要です。しかし、この特例を受けると相続財産の課税価額が基礎控除内となるため、相続税の申告は不要だと考えていると、税務署からお尋ねを受ける場合があります。しかし、その後に、申告を行っても、この特例を受けることは可能です。それは、「相続税の期限後申告の特則」があるからです。以下では、これについて解説します。

小規模宅地等の相続税の課税価額の計算の特例とは

小規模宅地等の特例とは、被相続人が居住の用に供していた宅地等を個人が相続により
取得した場合、相続税の課税価額を算定する際に、その宅地の課税価額を一定面積まで一定割合を減額するという相続税の軽減制度のことをいいます。

例えば、被相続人が居住の用に供していた宅地を相続人が相続により取得した場合で、小規模宅地等の特例の適用を受ける場合には、その相続税評価額は、330㎡を上限として、本来の評価額から80%を減じた価額となります。

相続税の期限後申告の特則とは

租税特別措置法第69条の4第6項において、この小規模宅地等の特例の適用を受けるためには、相続税の申告期限内に、申告書にこの特例の適用を受けようとする旨の記載した上、計算に関する明細書その他財務省令で定める書面を添付して、税務署に提出することが
必要であると規定しています。

さらに、同項の括弧書きにおいては、小規模宅地等の特例を受けるための申告書には、
期限後申告及び修正申告を含む、と規定されています。つまり、小規模宅地等の特例の適用を受けるための申告書は、期限後申告でも構わない、ということになります。そして、これが、相続税の期限後申告の特則の特例となります。

相続税の期限後申告の特則の効用について

小規模宅地等の特例の適用を受けた場合には、相続財産の価額が相続税の基礎控除内に収まるけれども、特例の適用を受けない場合には、基礎控除額を上回るため、相続税の支払義務が生じるということがよくあります。

この場合、期限後申告の特則がない場合には、小規模宅地の特例の適用により、相続財産の価額が基礎控除内となるので相続税が発生しないので、相続税の申告が不要だと判断し、
相続税の申告及び特例適用の手続きを行なっていないと、特例の適用が受けられず、相続税の支払いが命ぜられます。

しかし、相続税の期限後申告の特則があるために、申告書の提出及び特例適用の手続きをしなかったために相続税が発生した結果、税務署からお尋ねがあり、それに対応して申告書の提出及び小規模宅地の特例の適用を受ける手続きをした場合でも、この特例の適用を受けることが可能となります。

申告期限内に遺産分割協議が整わない場合について

小規模宅地等の特例の適用を受けるためには、もう一つ大切な要件があります。それは、
申告書の提出期限まで、遺産分割協議が終了して、特例の対象となる宅地を相続する者が決まっていることです。

申告書の提出は、相続税の申告期限後でも特例の適用は可能ですが、申告期限までに、遺産分割協議等により特例対象宅地を相続する者が決まっていない場合には、この特例の適用は不可能となります。

なお、相続人間で揉めていて、相続税の申告期限までに対象宅地の帰属が決まりそうにない場合には、「申告後3年以内の遺産分割の見込書」を添付して申告を行い、そして、その後に実際に遺産分割協議が整った後に再度修正申告を行い、その際に必要な手続きを行なえば、小規模宅地等の特例の適用を受けることができます。ただし、この手続きができるのは、申告期限後3年以内に限ります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

急な依頼にもかかわらず、笑顔で対応してくれ、不安な事があり何度連絡しても丁寧に答えてくれて安心しました。次の時もぜひとも指名させて下さい。本当にありがとうございました。

初めての面談でお若い職員の方で驚き、正直なところ不安な気持ちでスタートしましたが、しっかりした対応と相続の知識のない私共にわかり易く、それも何回も説明して下さりながらの進め方で本当にチェスターで、それも田代先生でよかったと思っています。 不動産や預貯 […]

いつもごていねいにお答を頂きました。 説明を受けていても忘れてしまうことが多く、その都度、同じ質問をしたり、ご迷惑をおかけ致しました。 昔のことはもちろん最近のこともよく忘れます。ややこしい案件におつきあい頂き本当にありがとうございました。 &nbs […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る