年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

兄弟も相続ができることがある?どんなケースで相続できて、どれだけ財産を取得できるの?

兄弟も相続ができることがある?どんなケースで相続できて、どれだけ財産を取得できるの?

兄弟が亡くなった場合、残された兄弟が要件を満たしていれば相続人になることができる場合があります。

どのようなケースで兄弟が相続人になるのでしょう。

また、相続人になった場合どれくらいの相続分があるのでしょうか。

兄弟間の遺産分割はトラブルになることが多いため、しっかり理解しておくことが大切です。

1.どんな場合なら、兄弟でも相続できる?

相続には、ルールがあります。そのルールを見てみましょう。

兄弟も相続ができることがある?どんなケースで相続できて、どれだけ財産を取得できるの?

(1)被相続人の配偶者の立場

どんな場合でも、被相続人(本人)の配偶者は相続人になることに変わりありません。ほかに相続人がいたとしても、これだけは決定しています。

(2)配偶者以外の相続人の決め方は?

配偶者以外の相続人については、順位が定められています。その順位に従って、相続が行われます。

第一順位

これは、被相続人の子供になります。

子供が死亡していた場合は、どうでしょうか。その場合は、子供の子供(孫)が被相続人の財産を受け継ぐことになります。

子供と孫が両方とも存在しているときは、子供のみ相続する権利があります。

子供は死んでいて、孫のみしかいない場合は、孫に財産が渡ります。

第二順位

被相続人の両親と祖父母が該当します。両親と祖父母が両方とも存命ならば、両親のほうに相続権があります。

第二順位の方が相続するのは、第一順位の方が亡くなっているか、いない場合になります。

第三順位

被相続人の兄弟姉妹に相続権が出てくることがあります。第三順位になります。これは、第一順位や第二順位の方がなくなっているか、いない場合に順番が回ってきます。

兄弟姉妹も存在いない場合は、その子供に権利が移ります。

兄弟が相続できるのは、第一順位の方も第二順位の方も死亡しているか、いない場合に限られます。被相続人の配偶者の存在は、関係ありません。

2.兄弟姉妹の取り分(相続分)はどれくらい?

(1)兄弟姉妹だけで分け合う場合

兄弟も相続ができることがある?どんなケースで相続できて、どれだけ財産を取得できるの?

被相続人の配偶者が存在せず、第一順位や第二順位の方もいなければ、兄弟姉妹だけですべての遺産を分け合います。全財産を兄弟姉妹の人数分で割った額が、相続分となります。

(2)配偶者と兄弟姉妹で分け合う場合

兄弟も相続ができることがある?どんなケースで相続できて、どれだけ財産を取得できるの?

それぞれの相続分は決められています。配偶者は4/3、兄弟姉妹は4/1です。その4/1を兄弟姉妹の人数分で分割します。

3.兄弟間での遺産分割では、いろいろなごたごたが起きやすい

(1)ごたごたが発生するのは、どんな家庭?

遺産がお金の場合は、分割にさほど苦労はしません。問題は土地や家屋だった場合です。

・具体例

被相続人の持っていた財産が1億円の土地と家屋の場合を考えてみましょう。相続人が被相続人の配偶者と兄と弟だったら、どうでしょうか。

兄弟も相続ができることがある?どんなケースで相続できて、どれだけ財産を取得できるの?

計算すると、配偶者が1億円の3/4ですから、7,500万円相続することになります。兄と弟は、1/4を2等分しますから、1/8となり、それぞれ1,250万円の相続分となります。

ここで問題が生じます。というのは、配偶者がその土地・家屋に住んでいるからです。兄や弟としては、その土地と家屋を売ってでも、財産を作れと要求したいところです。

ところが、配偶者としては、この愛着ある場所をなるべく売り払いたくないと思っているはずです。このことが原因になって、配偶者と兄弟間で紛糾が発生することがよくあるのです。

不動産をあちこち持っている裕福な人なら、その不動産をうまく分割して、話は済みます。ところが、そんな人は少数ですから、多くの場合はなかなかけりがつきません。庶民にとって、遺産分割は争いの種になりやすいのです。

(2)そんな場合に備えて、『法定相続分』と『遺留分』について知っておこう

相続に関係した言葉に、『法定相続分』と『遺留分』があります。聞きなれない言葉なので、簡単に解説します。

兄弟も相続ができることがある?どんなケースで相続できて、どれだけ財産を取得できるの?

『法定相続分』とは、民法で決められた取り分です。絶対にこの通りにしなければならないものではありませんが、一応の目安です。

一方、『遺留分』は、遺言によって十分な財産を受け取れない場合に最低限保証してもらえる取り分です。

兄弟姉妹には、遺留分をもらう権利がありません。ということは、遺言の内容によっては、兄弟姉妹を遺産分割から締め出すことも可能です。締め出された兄弟姉妹には、まったく遺産を受け取れなくなります。あとあと、配偶者や兄弟姉妹の間でのもめ事を避けたいのなら、遺言をしっかり作成しておけばいいのです。

4.兄弟姉妹には、遺留分を受け取る権利がありません

万一遺言によって、十分な財産を相続できないと、気の毒な人たちがいます。そのような人たちのために遺留分はあります。遺留分が受け取れるのは、配偶者、子供、両親だけです。兄弟姉妹には、その権利はありません。

遺言が存在しなかったり、遺産分割協議になった場合は、最低限の財産を保証してもらう必要はありませんから、遺留分についての手続きは進みません。

ということは、兄弟姉妹と遺産を分かち合ってもよければ、遺言を作成しないでも済みます。兄弟姉妹に相続させるのが嫌なら、遺言を作り、だれとだれに財産を譲るのか、はっきりさせておきましょう。

5.兄弟の子供の取り分はあるのか?

兄弟も相続ができることがある?どんなケースで相続できて、どれだけ財産を取得できるの?

被相続人の子供や兄弟が死亡しているときは、代わってその子供に相続権が出てきます。これを代襲相続といいます。具体的な例を挙げると、第一順位と第二順位の方が死亡していて、残った兄もなくなっているケースです。この場合には、その兄の子供が相続できます。相続分は、兄弟姉妹の取り分と同じです

まとめ

兄弟姉妹でも相続する可能性があります。

どのような時に相続できるのかを確認しておきましょう。

関連性が高い記事

相続税の期限後申告の特則

小規模宅地等の特例の適用けるためには、相続税の申告が必要です。しかし、この特例を受けると相続財産の課税価額が基礎控除内となるため、相続税の申告は不要だと考えていると、税務署からお尋ねを受ける場合があります。しかし、その後に、申告を行っても、この特例を […]

養子の人数の制限について

養子の人数の制限について 相続税の計算をする場合において、相続税の基礎控除額、生命保険金の非課税限度額、死亡退職金の非課税限度額、相続税の総額の計算などの4点については、法定相続人の数を基に行いますが、これらの計算をする際の法定相続人の数に含める被相 […]

遺産取得税方式とは

遺産取得税方式とは 相続財産の相続税評価においては、遺産課税方式と遺産取得課税方式とに大きく分けられます。 まず、遺産課税方式とは、相続人の人数や相続の配分などに関係なく、被相続人の財産(合計)に着目して評価をするやり方です。 まずはその被相続人の持 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る