特別関係会社|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

特別関係会社

非上場株式についての相続税の納税猶予の特例

後継者である相続人等が、相続等により経済産業大臣の認定を行ける非上場会社の株式等を被相続人(先代経営者)から取得し、その会社を経営していく場合には、その後継者が納付すべき相続税のうち、非上場株式等に係る課税価格の80%に対応する部分の相続税の納税が猶予されます。

納税猶予の特例を受けるための要件

(1)認定を受ける会社(認定会社)の主な要件

①認定会社の株式が非上場株式等に該当すること
②認定会社が風俗営業会社でないこと
③認定会社が資産管理会社でないこと
④認定会社の総収入金額、従業員数がゼロでないこと
⑤特定特別関係会社が①、②に該当する会社でないこと

(2)後継者である相続人等の主な要件

①相続開始から5ヶ月後において会社の代表者であること
②被相続人の親族であること
③相続開始時において後継者と後継者の同族関係がある者で総議決権の50%超を保有し、その中で最も多くの議決権を保有していること

(3)先代経営者である被相続人の主な要件

①会社の代表者であったこと
②相続開始直前において、被相続人と被相続人の同族関係がある者で総議決権の50%超の議決権を保有し、後継者を除いた者の中で最も多くの議決権を保有していたこと

(4)納税が猶予される相続税額及び利子税の額に見合う担保を税務署に提供すること

特別関係会社・特定特別関係会社とは

特別関係会社とは、会社とその代表者とその親族が、合わせて過半数の総株主等議決権数を保有している会社のことをいいます。

同族関係者は、配偶者と、6親等以内の血族、3親等以内の姻族です。

一方、特定特別関係会社とは、会社とその代表者及び代表者と生計を一にする親族が、合わせて過半数の総株主等議決権数を保有している会社のことをいいます。

平成21年にこの納税猶予の特例の制度ができた際は、上記(1)の認定会社の要件?が「特定特別関係会社」ではなく「特別関係会社」と規定されていました。

そのため、例えば代表者と面識がない遠い親戚(6親等以内)が風俗営業会社を経営していた場合などは要件を満たさないため、納税猶予の特例を受けられないことになり、6親等以内に風俗営業会社当の支配株主に該当する者がいないかを確認しなければならないという問題が生じていました。

そこで、平成23年税制改正において「特別目的会社」を「特定特別目的会社」とし、その範囲を代表者と生計を一にする親族に限定することで、非上場株式等に係る納税猶予の特例が受けやすくなりました。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
特定同族会社の判定方法
特定同族会社の判定方法 特定同族会社とは、被支配会社であって、被支配会社であることについての判定の基礎となった株主等のうちに被支配会社でない法人がある場合において、その法人をその判定の基礎となる株主等から除外して判定した場合においても、なお被支配会社 […]
株式保有特定会社とは
株式保有特定会社とは 非上場株式の評価において、資産の保有状況や営業状態が特殊な会社の株価評価をする場合に、上場株式の株価に比準する類似業種比準方式により評価するのが合理的でない会社も多くあります。 株式の保有割合が多い会社、土地の保有割合が多い会社 […]
比準要素1の会社とは
非上場株式の評価 非上場株式を評価する際には、会社の規模(総資産・売上高・従業員数)によって、大会社・中会社・小会社に区分され、それぞれの評価方法により評価します。 原則的評価方式では、同業種の大企業の水準を準用した「類似業種比準価額」とその会社の純 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306