年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続大辞典

債務編

    実務上頻出する主な債務控除一覧

    借入金や未払金がない場合でも、実務上、債務控除となるものはいくつかあります。債務控除の対象となる債務は、「確実な債務」及び「死亡後に確定する被相続人に係る公租公課」です。以下の解説を参考にして下さい。 実務上頻出する債務控除「確実な債務」 債務控除の […]

    借金の相続

    借金の相続 遺産相続と言う言葉は、その遺産がプラスの財産であることをまず頭に描かれる方が多いのではないでしょうか。 世間で良く耳にする遺産相続の相続額の話をうらやましく思われる方もいるでしょうし、また相続人同士の争い等も結局はプラスの財産をどれだけ多 […]

    債務は遺産分割ができない!?

    1.相続財産の中の債務は遺産分割の対象外 相続する財産には、借金などの債務も含まれるということは、みなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか。 ただ、遺産分割協議で特定の人に財産全てを相続させることになったとしても、債務の場合には、その特定の人が […]

    連帯保証人は相続するのか?

    連帯保証人は相続するのか? 住宅ローン以外の借金も無いし・・・と親の遺産を相続してから数年後に思いがけない借金の催告書が届いて初めて、親が友人の連帯保証人になっていたことを知る、という問題がしばしば起こります。 相続する財産には、預貯金や不動産などの […]

    住宅ローンの相続について

    住宅ローンの相続について 相続で住宅を相続したときに、その住宅のローンがまだ払い終わっていないというケースは多いと思います。 相続では、住宅、預貯金などのプラスの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も引き継ぐことになります。 ですから、残ってい […]

    借金の相続について

    借金の相続について 被相続人が残す財産には、預貯金や不動産などのプラスの財産と、借金などのマイナスの財産があり、相続人はその全てを引き継がなければなりません。 被相続人に借金があった場合、被相続人が亡くなったことで相続人が被相続人に代わって債務者とな […]

    確実と認められる債務とは

    確実と認められる債務とは 被相続人の財産を相続するにあたって、プラスの財産の他にもマイナスの財産もあることに注意が必要です。 マイナスの財産においては一定の条件化で総資産額からの控除対象となりますので、マイナス財産を取りこぼしなく確認しましょう。 マ […]

    無利息債務の評価

    無利息債務の評価 被相続人が生前、企業等との間で土地を一定期間貸し出す契約を結び、無利息で保証金を預かっていました。 相続ではこの場合この無利息保証金はどのように取り扱われるのでしょうか。 この保証金は家賃の不払いなどが起こったときに補填するために一 […]

    債務控除ができる公租公課

    債務控除ができる公租公課 相続税は、被相続人の方が保有されていた不動産や預貯金などの積極財産(プラスの財産)から、債務を差し引いた後の正味の財産に課税されます。 そのため、相続に際して、債務を相続されている場合には、相続税の計算上、債務を差し引くこと […]

    譲渡担保と借入金

    譲渡担保と借入金 不動産を担保に借入をしたとしましょう。 民法上明記されている担保には質権、抵当権などがありますが、質権の場合担保となる物の所有権とともにその物の譲渡も発生しますので、通常不動産では使われません。 抵当権を担保としている場合、所有権も […]

    1  2  3  次の10件へ>>

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る