相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続大辞典

建物編

    親名義建物に子が増築した場合

    親名義建物に子が増築した場合 親御様の高齢化などにより、親御様名義の持ち家を御子息の出費で増築・改築をするということは、よくあることです。 最近は、二世帯住宅やバリアフリー仕様の住宅など超高齢社会に対応した建築技術の進歩はめざましいものがあります。 […]

    建物更生共済と相続税

    建物更生共済とは JA共済が販売している、「建物更生共済むてき」という共済制度があります。 「建更(たてこう)」と略されているこの商品は、火災や台風、地震などから建物や家財を保証する一種の火災保険と言える共済制度です。 一般的な火災保険のほとんどが掛 […]

    家屋の一部賃貸の場合の相続税評価

    家屋の一部賃貸の場合の相続税評価 原則として、家屋の価額は1棟ごとに評価することになっています。 建物の評価額は通常1倍ですから、固定資産税額=相続税評価額となります。 しかし、アパートなどの貸家の場合には、借家権が控除されるので、評価額は減額となり […]

    建物更生共済の基礎知識と税金(相続税・所得税)

    1.建物更生共済とは? JA共済が販売している、「建物更正共済むてき」という共済制度があります。 一般的に「建更(たてこう)」と略されているこの商品は、一種の火災保険と言える共済制度ですが、一般的な火災保険のほとんどが掛け捨て型となっているのに対し、 […]

    相続開始直前のリフォーム費用を計上すべき?判断ポイントと相続税評価

    例えば、相続開始前に500万円の費用をかけて玄関やバスルームのリフォームを行ったような場合、この500万円の出金は相続財産として加味する必要があるのでしょうか。 これを判断するためには、以下の国税庁の質疑応答事例が参考となります。 増改築等に係る家屋 […]

    土地・家屋(建物)の一般的な相続手続き一覧

    土地や家屋といった不動産を相続する際には、預貯金の名義変更等と異なりひと手間かかります。 どういった手続きが必要になるのかを以下にまとめました。 1.相続登記に関わる手続き 遺産相続で土地や家屋などの不動産を取得したときは、この不動産の相続登記手続き […]

    家屋の相続税評価

    被相続人が家屋を所有していた場合で、家屋が相続財産になる場合には、その家屋の相続税評価が必要になります。そこで、以下では、この家屋の相続税評価について解説します。 家屋の相続税評価の方法について 家屋の相続税評価の方法は、相続財産評価基本通達88及び […]

    手元の現金で不動産を購入すると20%から最大80%相続税の評価額が下がります!

    親や配偶者が亡くなって不動産を相続されたとき、「不動産はものすごく税金がかかるのでは」と心配になる人もいることでしょう。しかし、実は一般的に現金を相続するよりも相続税を抑えることができるのです。それには一定の要件を満たしていたり、所定の手続きが必要に […]

    建物図面の取得方法

    建物図面の取得方法 建物図面の取得方法を十分に自分で確認して取得しましょう。 建物図面(各階平面図)などは法務局で取得することが可能です。 そのため土地や建物の購入を考えている方は自分で調査を行う事が可能になります。 法務局に行けば土地や建物の所在地 […]

    貸家の相続税評価

    貸家の相続税評価 貸家は、自分が住んでいるのではなく、人に貸している家屋です。 当然借主が住んでいますから、その建物の評価は通常の家屋の評価の計算とは違う計算方法が決められています。 ただし、この規定は、自由に処分する権利が制限されたための評価減を考 […]

    1  2  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る