相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続大辞典

借地権編

    親の土地に家を建てるメリットとは?税金・住宅ローン・名義変更はどうなる?

    なお、親から有償で土地を借りている場合も、その親の相続が発生した際には相続税が課税されます。 親から有償で土地を借りていれば、土地の相続税評価額から借地権割合を差し引くことになるため、その土地の相続税評価額は下がります。 しかし権利金や地代として子供 […]

    借地権は相続できる?相続のときの注意点と相続税評価額も解説

    亡くなった人が借地に家を建てて住んでいた場合は、借地権も遺産相続の対象になります。 借地権の相続では特に必要な手続きはなく、地主の承諾も不要です。ただし、財産を相続したということで、相続税がかかります。 ここでは、借地権を相続するときの注意点や相続税 […]

    底地を子供が買取った場合

    底地を子供が買取った場合 底地とは借地権がついた宅地の所有権のことです。 親が借地に家を建てており、底地を子供が買取する場合、この底地に課税される贈与税はどう扱われるのでしょうか。 通常底地を子供が買取り、それに対する対価を親が子供に支払う場合は贈与 […]

    借地権の転借と相続税

    借地権の転借と相続税 転借地権を、借地借家法第2条第4号では、「建物の所有を目的とする土地の賃借権で借地権者が設定しているものをいう」と規定しています。 つまり、ある人が他の人の土地を借りて、さらにその土地を又貸しした場合に、その最後に借りた人の有す […]

    一時使用の借地権の評価

    一時使用の借地権の評価 土地の賃貸借がある場合、借地権などが相続の対象となります。 その評価が相続税評価額にも影響しますので相続人は注意が必要です。 借地権とは、建物の所有を目的とする地上権、または土地の賃借権のことを指し、その評価額は、その土地の更 […]

    親子間の無償使用と相続税

    親子間の無償使用と相続税 家や建物を建築するにあたって、他人の土地を使用した場合には、地主に権利金を支払うのは一般的です。 では、もし親の土地を借りて、そこに家を建てた場合には、贈与税などの税金が課せられるのでしょうか?元来親子間には、利益を得ようと […]

    借地権の物納について

    借地権の物納について 相続税の納税は金銭による一括納付が原則ですが、分割払いでも支払いが困難である旨を相続が開始したのを知った日から10ヶ月以内に申請し、認められた場合には物納制度を利用することが出来ます。 その場合にも優先順位が設けられており、不動 […]

    抵当付不動産の遺贈について

    抵当付不動産の遺贈について 故人の遺言により、抵当付不動産が第三者に遺贈された場合、誰に債務の弁済義務があるのでしょうか。 通常、不動産が遺贈されても、債務の帰属に、つまり債務者に変更は生じません。 したがって、相続人は相続放棄をしない限り、債権者に […]

    権利金の認定課税とは

    権利金の認定課税とは 権利金の認定課税については、国税庁のホームページにおいて記述がありますのでご紹介します。 [平成23年6月30日現在法令等]  法人が所有する土地を他人に賃貸し、建物などを建てさせたときには、借地権が設定されたことになります。 […]

    相続税申告実務における「通常の地代」の計算方法

    相続税の事について調べていると、土地等の相続において「通常の地代」という言葉がちらほらと登場します。 この通常の地代というのは、何のことを指すのでしょうか。また、どの程度の金額の事を「通常の地代」というのでしょうか。 1.通常の地代とは 通常の地代と […]

    1  2  3  4  次の10件へ>>

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る