相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

土地保有特定会社とは

土地保有特定会社とは

土地保有特定会社とは、課税時期において、総資産価額に占める土地などの価額合計の割合(これを土地保有割合といいます。)が一定の割合以上の会社のことです。

この割合は会社の規模によって異なりますが、土地保有特定会社に該当することとなった場合には、純資産方式により評価を行うことになります。

なお、会社の規模は財産評価基本通達によって、従業員数や業種、総資産価額及び従業員数などで大会社、中会社、小会社に区分されています。

■大会社
土地保有割合が70%以上である会社

■中会社
土地保有割合が90%以上の会社

■小会社
・総資産価額が大会社の基準となる会社:土地保有割合が70%以上である会社
・総資産価額が大会社の基準となる会社:土地保有割合が90%以上である会社

※帳簿価額によって計算した総資産価額が20億円以上(卸売業の場合)または卸売業以外なら10億円以上であれば大会社の区分に含まれます。

帳簿価額によって計算した総資産価額が7,000万円以上(卸売業の場合)、小売・サービス業の場合は4,000万円以上、卸売業、小売・サービス業以外なら5,000万円以上であれば中会社の区分に含まれます。

判定の基礎となる土地等の範囲

判定の基礎となる土地等には、所有目的や所有期間のいかんにかかわらず、評価会社が所有する全ての土地等が含まれますので、地上権、借地権、販売用の土地等も含まれることになります。

資産を組み替える際の注意点

土地を売却して他の資産に組み替えを行う場合や、会社の組織再編を行うことにより土地保有割合を引き下げ、土地保有特例会社に該当しないようにすることを考えられます。

しかし、土地保有特定会社については課税時期前に合理的な理由がなく、適用を逃れるため土地の保有割合の引き下げをのみを目的として資産変動が行われた場合には、その資産変動はなかったものとして、土地保有割合の判定が行われることになります。

また、課税時期の3年前と定めておりませんので注意が必要となります。

☑【査定無料!】土地の売却・資産の組み換えのご依頼はこちら▶

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

きわめて良心的かつ誠実に手続きを行って頂き、かつ費用も比較的安く、感謝しております。 機会があればまたお願いしたいものです。

適切なアドバイスをいただきありがたかったです。

税理士さんがとても感じが良く、いろいろな事を相談にのってもらいました。(担当は、長津さんです) 自宅まで書類の手続きに来て下さったり、とても助かりました。 料金もとても安く、うれしい限りです。 お仕事もとても丁寧です。(とても見やすいです!!)

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る