消滅時効の債務と相続税|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

消滅時効の債務と相続税

消滅時効の債務と相続税

被相続人が亡くなり、相続する際には、プラスの財産もあれば、マイナスの財産を相続する場合もあります。

このマイナスの部分を債務といいますが、相続税の計算時には、この債務は課税対象にはならず、控除することが可能になります。

ですから、課税されるのは債務を差し引いた実質的な財産に対してのみとなります。

なお、債務控除できる対象の一例としては、銀行から借り入れた住宅ローンなどや、固定資産税や住民税などで未払い分の分、医療費の未払い分などが控除の対象となります。

しかし、借り入れがあったとしても、すでに消滅時効が成立した債務ついては、控除対象となりません。

消滅時効というのは、一定期間使用しないことで権利が無くなることで、つまり、借金を一定期間返済せず、時効となり、返済しなくても良くなることです。

期間については内容によって異なり、それぞれ定められていますが、成立するためには内容証明を送付する必要があります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
重畳的債務引受とは
「重畳的債務引受」とは 債務引受の方法には、「重畳的債務引受」と「免責的債務引受」があります。 債務引受けとは、債権者へ負っている債務を第三者が債務者に代わって引き受けるということです。 債務引受のうち「重畳的債務引受」とは、債務を引き受ける側が、当 […]
免責的債務引受とは
免責的債務引受とは 免責的債務引受とは、債権者に負っている債務を第三者が債務者の代わりに引き受けることです。 これがなされると、債務は旧債務者から新債務者に完全に移転するため、旧債務者は債務を免責されます。 よって、以後債権者は旧債務者に対して取り立 […]
債務控除ができる公租公課
債務控除ができる公租公課 相続税は、被相続人の方が保有されていた不動産や預貯金などの積極財産(プラスの財産)から、債務を差し引いた後の正味の財産に課税されます。 そのため、相続に際して、債務を相続されている場合には、相続税の計算上、債務を差し引くこと […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145