相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

債務は遺産分割ができない!?

1.相続財産の中の債務は遺産分割の対象外

相続する財産には、借金などの債務も含まれるということは、みなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

ただ、遺産分割協議で特定の人に財産全てを相続させることになったとしても、債務の場合には、その特定の人が全てを背負うわけではありません。
債務は、相続開始の時点で共同相続人に相続分に応じて自動的に相続されます。

つまり、遺産分割協議で誰が債務を相続することに決めたとしても、それを債権者に主張することはできないのです。

言い換えれば、相続分に応じた債務の請求を拒否することができないということです。

2.対債権者に対しては主張できないが、相続人間の取り決めとしては有効

とはいえ、遺産分割協議の際に債務は誰が引き受けるのかを決めることは意味が無いことではありません。
この遺産分割協議の決定は、債権者に対しては主張する権利を持ちませんが、共同相続人たちの中では有効です。

つまり、「その借金はあの人が払うことになっているから、あっちへ行ってくれ。」と債権者に対して言えないだけなのです。

請求が来た場合には、まず自分がその借金を支払い(立て替えておき)、その支払った分を、本来遺産分割協議で決定した債務を引き受けた人に対して請求できます。

相続・各種手続き・お困りごとなど
「相続に関するご相談ならおまかせください!」

\電話からのお問い合わせはこちら!/

アイコン0120-992-430

平日:9:00 - 18:00土曜:9:00 - 17:00

\webからのお問い合わせこちら!/

無料相談をする

※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税申告・お見積り・面談予約など
「相続税申告に関するご相談ならおまかせください!」

\電話からのお問い合わせはこちら!/

アイコン0120-888-145

平日:9:00 - 20:00土曜:9:00 - 17:00

\webからのお問い合わせこちら!/

無料相談をする

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告期限まで3ヶ月余りで対応していただきました。 ありがとうございました。今後再度申告が必要になりますが、愚息に貴社に依頼するよう申し送ります。

書類等を送りましても届くと直ぐTEL下さり安心です。 はじめての経験で不安、心配もありましたが全て心配ありませんでした。 納得のいく説明にも関心致しました。ありがとうございました。

説明がとてもわかりやすかったです。  

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る