相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

債務は遺産分割ができない!?

1.相続財産の中の債務は遺産分割の対象外

相続する財産には、借金などの債務も含まれるということは、みなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

ただ、遺産分割協議で特定の人に財産全てを相続させることになったとしても、債務の場合には、その特定の人が全てを背負うわけではありません。
債務は、相続開始の時点で共同相続人に相続分に応じて自動的に相続されます。

つまり、遺産分割協議で誰が債務を相続することに決めたとしても、それを債権者に主張することはできないのです。

言い換えれば、相続分に応じた債務の請求を拒否することができないということです。

2.対債権者に対しては主張できないが、相続人間の取り決めとしては有効

とはいえ、遺産分割協議の際に債務は誰が引き受けるのかを決めることは意味が無いことではありません。
この遺産分割協議の決定は、債権者に対しては主張する権利を持ちませんが、共同相続人たちの中では有効です。

つまり、「その借金はあの人が払うことになっているから、あっちへ行ってくれ。」と債権者に対して言えないだけなのです。

請求が来た場合には、まず自分がその借金を支払い(立て替えておき)、その支払った分を、本来遺産分割協議で決定した債務を引き受けた人に対して請求できます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

細かな問い合わせのメールにも、適確に対応していただけたこと。

相続税納税期限の直前になってからお願いすることになってしまいましたが、即座に対応して下さり、大変助かりました。 また、はじめに見積もりを明示していただけるシステムがとても親切で安心できました。(個人事務所など他社では、はじめに教えていただけないケース […]

確定申告に間に合うようにという要望に迅速に対応して頂きとても感謝しております。 (兄より問い合わせ等が有りましたらご連絡下さい。)

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る