中間原野の相続税評価|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

中間原野の相続税評価

中間原野の相続税評価

まず土地の地目のうち、耕作をしないままに雑草や木が生い茂っている土地を原野といいます。

つまり、人の手を入れないままになって放置されているような土地を原野といいます。

原野も相続の対象となりますので、相続税の負担を計算するうえでは考慮することが必要となります。

ただ、不動産登記・その他の不動産実務においては原野と一括りにして処理してしまっても差し支えがない土地であっても、課税評価においてはやや「粗い」理解となる可能性があります。

つまり、原野でも、その所在する場所などによって価値が異なるので、税法上は原野として一括で評価することが不適当なケースがあります。

そこで、相続税法では、原野をさらに3つに分けることになっています。

具体的には、純原野・中間原野・市街地原野の3つです。

原野の分類

純原野は、市街化区域以外に存在する通常の原野を指します。

また、市街地原野は、市街化区域内に存在している原野をいいます。

市街化区域内にある原野は原野のうちでも立地から評価が異なってくることになります。

さらに、中間原野とは市街化区域外の原野であるものの、宅地開発が進んでいることから通常の原野として評価することが適切ではないと認められた原野をいいます。

つまり、都市計画法上の市街化調整区域(開発を制限し自然を保存する地域)などの場所に存在しているもののある程度開発が進んでしまったことから、やや価値が高くなっている原野が中間原野ということになります。

相続税法における特別な分類の原野ということができます。

中間原野の相続税評価

中間原野の価額は、その原野の固定資産税評価額に、地価事情の類似する地域ごとに、その地域にある原野の売買実例価額、精通者意見価格等を基として国税局長の定める倍率を乗じて計算した金額によって評価します。

また、算定根拠は、中間原野の価額算定は、純原野と同様に、その原野の固定資産税評価額に、地価事情の類似する地域ごとに、その地域にある原野の売買実例価額、精通者意見価格等を基として国税局長の定めた倍率を乗じて計算した金額によって評価することとなっています。

中間原野の場合には場所や開発の状況によって相続税の課税が発生する可能性がありますので、相続税対策が重要となってきます。

原野以外にも山林や農地も不動産登記法ないしは不動産実務における理解と相続税法上の理解が異なる点があります。

農地や山林についてもどのような分類になるかによって相続税の負担が異なってきますので、早めの税理士への相談が重要となります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
保安林の相続税評価方法
保安林とは 保安林とは、水源のかん養、土砂の崩壊その他の災害の防備、生活環境の保全・形成等、特定の公共目的を達成するため、農林水産大臣又は都道府県知事によって指定される森林をいいます。 保安林では、それぞれの目的に沿った森林の機能を確保するため、立木 […]
森林簿とは
森林簿の申請方法 森林簿は、その森林が存在する自治体、または森林組合等で申請し、写しをもらうことができます。 各自治体等により異なりますが、申請する際は、申請書と共に固定資産評価額通知書または課税台帳を提出します。 相続の場合には、戸籍謄本などの所有 […]
山林の相続税評価
山林の相続税評価 土地は不動産登記法や不動産登記法事務取扱手続準則により、用途によって細かく分類されています。 具体的には、宅地や農地、山林、原野、牧場、雑種地に分類されます。 そして、土地に相続があった場合には国税庁の定める財産評価基本通達に基づき […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145