抵当付不動産の遺贈について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

抵当付不動産の遺贈について

抵当付不動産の遺贈について

故人の遺言により、抵当付不動産が第三者に遺贈された場合、誰に債務の弁済義務があるのでしょうか。

通常、不動産が遺贈されても、債務の帰属に、つまり債務者に変更は生じません。

したがって、相続人は相続放棄をしない限り、債権者に対して債務返済の責任を負っていることになります。

逆に、受遺者は不動産の遺贈を受けても、債務とは無関係であり、債権者に弁済する義務はありません。

では、抵当付不動産の遺贈を受けた者が弁済を行った場合はどうでしょうか。

この場合、受遺者は相続人に、その弁済分の支払いを請求することができます。

つまり、「本来あなたが支払うべきものを、私が立て替えて支払ったのですから、その分をわたしに返してください」ということができるのです。

また、誰も債務を支払わなかったために債権者が抵当権を執行し、不動産が第三者の物となってしまった場合、つまり受遺者が所有権を失ってしまった場合にも、受遺者は相続人に対して求償することができます。

ただし、遺贈が「負担付遺贈」、つまり債務も受遺者が負うという約束のもとにされた遺贈である場合にはこの限りではありません

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続税申告実務における「通常の地代」の計算方法
相続税の事について調べていると、土地等の相続において「通常の地代」という言葉がちらほらと登場します。 この通常の地代というのは、何のことを指すのでしょうか。また、どの程度の金額の事を「通常の地代」というのでしょうか。 1.通常の地代とは 通常の地代と […]
借家権割合とは
借家権割合とは 借家権という言葉だったら聞いたことがある人も多いかもしれませんが、借家権割合と言うと、初めて耳にする人の方が多いんじゃないでしょうか?相続に関するお仕事をしている人でなければ、実際普通の生活で使うことはまずないのではないかと思います。 […]
地上権の相続税評価
地上権の相続税評価 地上権とは、他人所有の土地に対して、工作物または竹木所有のために設定する土地利用権をいいます(民法第265条)。 また、地上権の一種として、地上または地下の一部を工作物所有のために利用することを許諾した権利である区分地上権という権 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145