相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

借家権割合とは

借家権割合とは

借家権という言葉だったら聞いたことがある人も多いかもしれませんが、借家権割合と言うと、初めて耳にする人の方が多いんじゃないでしょうか?相続に関するお仕事をしている人でなければ、実際普通の生活で使うことはまずないのではないかと思います。

実際に相続という場面になったとしても、複雑な手続きの事を考えると専門家に任せてしまった方が無難ですし、知らなくてもいいのかもしれませんが・・・言葉の意味程度には知っておいてもいいかもしれませんね。

さて、借家権というのは、大家さんから建物を借りて使用する権利のことです。

借家に住んでいたとしても、借家権は財産として相続の対象になります。

借家権割合とは、建物の借家権の割合のことで、相続税の計算をする場合の借家権割合は、国税庁が公示する財産評価基本通達によって、一律30パーセントと決められています。

この借家権割合は、貸家や貸家建付地を相続する際の評価額を計算するのに使われる割合です。

 

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

納税期限まで残り3か月と短し時間の中、迅速かつ丁寧にご対応くださいまして、大変感謝しております。 私ども相続人だけでは考えもつかなかった数々の点について、 ご助言、ご指示をいただき、安心感を持ちながら、資料の収集を進めることができました。

当方の要望に対し、要領よく応答あり、満足した。担当者の態度良好でありました。今後も依頼したいと思いました。

誠実に分かりやすく説明して頂き、私達(家族)の立場も理解されて、“相続”という初めてで細かい手続き等、勉強になりました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る