相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

貸付事業用宅地とは

貸付事業用宅地とは

相続税法において、貸付事業用宅地等とは、相続が開始される直前の時点において被相続人などの貸付事業のために使用されていた宅地等のことで、下記の2つの条件のうちいずれかを満たしている、被相続人の親族が相続や死亡を原因とする遺贈によって取得した土地のことを貸付事業用宅地等と呼んでいます。

まず、一つ目の条件としては、被相続人の貸付事業のために使用されていた宅地等を取得した被相続人の親族が、相続開始時から申告期限までの間に被相続人が行っていたその宅地等にかかわる貸付事業を引き継ぎ、申告期限まで引き続いてその宅地等を有しており、かつ、その貸付事業の用に供していることです。

そして次に、二つ目の条件は被相続人と生計を共にしていた被相続人の親族の貸付事業のために使用されていた宅地等をその親族が取得した場合であって、その親族が相続開始時から申告期限まで引き続きその宅地等を有し、かつ、相続開始前から申告期限まで引き続きその宅地等を自己の貸付事業の用に供していることとされています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

お世話になりました。自分で行おうと思って取り組んでいたのですが、行きづまり、お願いすることにしました。 出来上がった書類綴を受け取り、お願いしてよかったとあらためて思いました。

申告期限まで3ヶ月余りで対応していただきました。 ありがとうございました。今後再度申告が必要になりますが、愚息に貴社に依頼するよう申し送ります。

期間の短い中迅速に御対応いただきありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る