農業経営を行う者の判定|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

農業経営を行う者の判定

農業経営を行う者の判定

農業はそのほとんどは家族経営の形態をとっていますが、例えば両親、息子夫婦がその農業に従事する家族間では一体誰が主たる事業主となるのでしょうか。

農業によって得た収入は誰に帰属するのかによって所得税、相続税などの評価に影響しますので注意が必要です。

農業経営を行う者の判定は通常、農業経営での協力度、土地の所有権、農業への経験、知識などから総合的になされ、最終的にはその経営方針に最も影響力を持つものが事業主とされます。

その判断がつかないときは生計を主宰するものが事業主であると判断されます。

生計を主宰するのもが出稼ぎに出ているなどしてその地を離れ農業に従事せず、農業に関しての知識が乏しいと判断された場合は、実際に農業に従事している者が経営者であるとされます。

耕地が1.5ヘクタール以上の大規模で、その所有権を農業従事者が保有している場合、逆に耕地が小規模で農業従事者の趣味の範囲を超えられない場合も、農業経営を行うものは実際に従事している者とされます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
第一種農地とは?第二種農地とは?
第一種農地とは?第二種農地とは? 農地の第一種また第二種とはどんな区分なのでしょうか? 「第1種農地」とは、農業公共投資(土地改良事業等)の対象となった、補助金をいっぱい使って立派に整備した農地、集団農地、生産力の高い農地で、例えば20ha以上の規模 […]
甲種農地とは?乙種農地とは?
甲種農地とは?乙種農地とは? 市街化調整区域内の「甲種農地」と「乙種農地」はどう違うのでしょうか? 「甲種農地(こうしゅのうち)」とは、市街化調整区域内にある農業公共投資の対象となった8年以内の優良農地で、規模が20ha以上、高性能な農業機械による営 […]
農業相続人とは
農業相続人とは 被相続人が農業を営んでいた場合、後を継ぐ者がいるかいないかでは大きな違いが出てきます。 相続人でその農地等を取得し、相続税納税期限までに農業を開始し、その後もその農地で引き続き農業を営んでいくと認められた人のことを農業相続人といいます […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306