相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

意外に難解、農地の相続税評価

農地の財産評価上の区分について

農地の相続財産評価を行う場合には、まず最初に、評価対象となる農地を分類します。
相続財産評価上の農地は、以下の4種類に分けられます。
①純農地
②中間農地
③市街地周辺農地
④市街地農地

純農地及び中間農地の定義について

①の純農地は、生産性のかなり高い農地で、宅地に転用することがほぼ不可能な農地のことです。②の中間農地は、例えば、鉄道駅から500m以内の区域にある農地のような、許可により宅地への転用が可能で、比較的売買できる可能性が高い農地のことをいいます。

市街地周辺農地と市街地農地の定義について

③の市街地周辺農地とは、例えば、鉄道駅から300m以内の区域にある農地のような、市街化傾向が強い場所になる農地のことを言います。宅地への転用は原則可能です。④の市街地農地とは、市街地にある農地のことで、既に宅地への転用許可を受けているか、又は、届け出だけで転用許可が可能な状態にある農地を言います。

農地の財産評価区分ごとの評価方法について

評価対象農地が農地の財産評価上どの区分に該当するかが明らかとなったら、その区分に応じて定められた方法により、財産評価を行います。この評価方法は、純農地と中間農地については、複雑さの点では宅地の評価とほぼ同じですが、市街地周辺農地と市街地農地については、宅地の評価より難しくなります。

純農地と中間農地の評価方法について

農地の相続財産評価は、上記の農地の種別ごとに異なります。まず、①の純農地と②の中間農地については、倍率方式により評価します。倍率方式とは、評価対象農地の固定資産評価額に、国税庁が定める評価倍率表によるその土地が所在する区域の評価倍率を乗じた
価額を、評価対象農地の相続財産評価額とします。

市街地周辺農地の評価方法について

③の市街地周辺農地については、評価対象農地が④の市街化農地であるとして評価した価額に0.8を乗じた価額が、その評価額となります。つまり、市街化周辺農地が市街化農地であると仮定した場合の評価額の80%が、市街化周辺農地の評価額となります。

市街化農地の評価方法について

④の市街地農地については、その農地が宅地であるとした場合の1㎡当たりの評価額から、
1㎡当たりの造成費を控除した価額に、評価対象農地の地積を乗じた価額が、市街地農地の評価額となります。

例えば、市街地農地を宅地をした場合の相続財産評価額が10万円、その農地が所在する区域の1㎡当たりの造成費を5万円、市街地農地の地積を1,000㎡とすると、この農地の評価額は、(10万円/㎡-5万円/㎡)×1,000万円=5,000万円となります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

他と比較しようもないが丁寧に対応して頂いて、不満はない

今まで、税理士さんと関わることがなくて、最初にお会いする時は、緊張してしまいました。しかし、穏やかで丁寧に説明してくださるので、安心いたしました。いろいろとお世話になりまして、ありがとうございました。

不動産件数が多い中、調査に大変な時間を要したようですが、期限内での相続税の納入ができました。また、私供の分らないことも、調べて報告を頂く等、親切で真摯な応対をしていただき感謝しています。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る