年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

農業経営を行う者の判定

農業経営を行う者の判定

農業経営を行う者の判定

農業はそのほとんどは家族経営の形態をとっていますが、例えば両親、息子夫婦がその農業に従事する家族間では一体誰が主たる事業主となるのでしょうか。

農業によって得た収入は誰に帰属するのかによって所得税、相続税などの評価に影響しますので注意が必要です。

農業経営を行う者の判定は通常、農業経営での協力度、土地の所有権、農業への経験、知識などから総合的になされ、最終的にはその経営方針に最も影響力を持つものが事業主とされます。

その判断がつかないときは生計を主宰するものが事業主であると判断されます。

生計を主宰するのもが出稼ぎに出ているなどしてその地を離れ農業に従事せず、農業に関しての知識が乏しいと判断された場合は、実際に農業に従事している者が経営者であるとされます。

耕地が1.5ヘクタール以上の大規模で、その所有権を農業従事者が保有している場合、逆に耕地が小規模で農業従事者の趣味の範囲を超えられない場合も、農業経営を行うものは実際に従事している者とされます。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

第一種農地とは?第二種農地とは?

第一種農地とは?第二種農地とは? 農地の第一種また第二種とはどんな区分なのでしょうか? 「第1種農地」とは、農業公共投資(土地改良事業等)の対象となった、補助金をいっぱい使って立派に整備した農地、集団農地、生産力の高い農地で、例えば20ha以上の規模 […]

他人に耕作させている農地の評価

他人に耕作させている農地の評価 農地を所有している人の全てが自分で農業を営んでいるとは限りません。 他人に土地を貸して、耕作しているという場合も多く見られます。 この場合は、どのような契約によって貸しているのかによって、課税の際の土地評価が異なります […]

農家台帳とは

農家台帳とは 農家台帳とは、農業委員会が、権利関係の調整や農業経営の管理などのために設置している台帳のことです。 農地基本台帳、農家基本台帳などがあり、農地に関わるさまざまな権利関係や、農業の経営状況などを、世帯ごとに記録しています。 自分の家に関す […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る