相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

他人に耕作させている農地の評価

他人に耕作させている農地の評価

農地を所有している人の全てが自分で農業を営んでいるとは限りません。

他人に土地を貸して、耕作しているという場合も多く見られます。

この場合は、どのような契約によって貸しているのかによって、課税の際の土地評価が異なります。

農地に設定される権利は、「耕作権」、「永小作権」、「区分地上権」、「区分地上権に準ずる地役権」があります。

これら農地法上の賃借家や物権が契約によって設定してある農地ならば、その農地を自用地として評価し、そこから権利の種類や存続期間、農地の評価区分による所定の割合を控除して評価します。

しかし、これら権利が設定されていると、借り主は農地法の保護を受けますから、土地の所有者は自由に土地の用途を変えたり売ったりすることができなくなりますから、最近は耕作権などを設定しないで他人に耕作させている場合もあるようです。

ただし、農地法上の権利設定のない農地の場合は、他人が土地を借りて耕作していても、課税評価の時には自用地として評価され、控除はされない点に注意してください。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告期限まで3ヶ月と2日と差し迫った状況の中で、期限内に手続きを終わらせて頂き感謝しております。 足を運ぶ回数を必要最小限として頂き、一方で電話・メール・郵送で密に連絡を取り合い、不安を感じる事なく、ていねいで分かりやすい対応をして頂きました。さすが […]

法定相続人の中に、後見人をつけなければならない者がおり、 申告期限までの時間的余裕があまりありませんでした。 その様な状況下で、期限に間に合う様に早急かつ丁寧にご対応下さいました。

全ての点で信頼できるプロフェッショナルらしい対応をして戴き、大変満足しております。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る