相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

他人に耕作させている農地の評価

他人に耕作させている農地の評価

他人に耕作させている農地の評価

農地を所有している人の全てが自分で農業を営んでいるとは限りません。

他人に土地を貸して、耕作しているという場合も多く見られます。

この場合は、どのような契約によって貸しているのかによって、課税の際の土地評価が異なります。

農地に設定される権利は、「耕作権」、「永小作権」、「区分地上権」、「区分地上権に準ずる地役権」があります。

これら農地法上の賃借家や物権が契約によって設定してある農地ならば、その農地を自用地として評価し、そこから権利の種類や存続期間、農地の評価区分による所定の割合を控除して評価します。

しかし、これら権利が設定されていると、借り主は農地法の保護を受けますから、土地の所有者は自由に土地の用途を変えたり売ったりすることができなくなりますから、最近は耕作権などを設定しないで他人に耕作させている場合もあるようです。

ただし、農地法上の権利設定のない農地の場合は、他人が土地を借りて耕作していても、課税評価の時には自用地として評価され、控除はされない点に注意してください。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

一度だけ相互の連絡不徹底から同一書類をお互いに待っている事があったが、全体として申告期限まで短期間の中で丁寧、正確なサービスを提供して頂けたと満足しております。

丁寧に対応頂き感謝しております。 ただ思っていたより時間がかかり、お忙しい中ありがとうございました。

申告期限3ヶ月前からお願いをしましたが、特に被相続人の過去5年間の預貯金等のお金の流れ等の精査について、手間がかかる書類作成や確認作業、税務の処理方法等、適切にご支援いただき助かりました。申告期限に間に合って感謝しております。 貴社ご担当の山本様も誠 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る