相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

第一種農地とは?第二種農地とは?

第一種農地とは?第二種農地とは?

農地の第一種また第二種とはどんな区分なのでしょうか?

「第1種農地」とは、農業公共投資(土地改良事業等)の対象となった、補助金をいっぱい使って立派に整備した農地、集団農地、生産力の高い農地で、例えば20ha以上の規模の一団の農地、土地改良事業等の対象となった農地等、良好な営農条件を備えている農地です。

農地転用は原則不許可ですが、公共性の高い事業の用に供する場合等は許可されます。

「第2種農地」とは、近い将来、市街地として発展する環境にある農地や農業公共投資の対象となっていない生産力の低い小団地の農地で、例えば鉄道の駅が500m以内にあるなど市街地化が見込まれる農地又は生産性の低い小集団の農地です。

周辺の他の土地が転用できない場合は許可されます。

「第3種農地」とは、鉄道の駅が300m以内にある等の市街地の区域又は市街地化の傾向が著しい区域にある農地です。原則許可されます。

つまり、市街地に近い農地はどんどん開発していいという見方です。

 

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

伊原様、仲谷様には非常にお世話になり感謝しております。 全てにおいて、迅速にご対応いただきました。又、こちらからの細かな質問や依頼に関しても、一つ一つ丁寧に、誠実にご対応いただき、とても安心感がありました。 チェスターさんに手続きをお願いして、本当に […]

相続税を申告するのに、どこの税理士さんに依頼したら良いのか…と悩んでいましたところ、チェスター様のHPを拝見しました。相続に強いという事で無料面談をさせていただきました。全く分からない事ばかりの私たちにも親切で丁寧に分かりやすく説明してくださり、即、 […]

■■証券に相続税申告の相談をし、数社紹介見積りを取った中から、貴法人を選びました。 相続に特化していると感じ、何もわからない私にとって、最も信頼できると思ったからです。 面会についても最寄りの■■証券の支店にお越しいただけとても助かりました。 問い合 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る