複利年金原価とは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

複利年金原価とは

(1) 複利年金現価率とは

複利年金原価率とは、将来の一定期間中、毎年支払われる一定金額の現在価値を複利で求める率です。

例)毎年1円の年金額を50年間支払う場合の総額:50円
  その現在の価値は、35円 (年1.5%の複利の場合)

一見、相続とは関係なさそうですが、この複利年金原価率は、相続税の財産評価において、定期借地権等・著作権・営業権・鉱業権等の評価をする場合に使用します。

(2) 定期借地権等の評価

今回は、上記の複利年金原価率を使って、実務的に評価することの多い、定期借地権等の価額を求めてみましょう。

定期借地権は、通常の借地権とは違い、契約期間が到来すれば借地権が必ず地主に戻り、権利関係が終了します。

そのためこの定期借地権等を評価する場合には、複利年金原価率を用いて評価します。

以下の定期借地権等の評価をしてみましょう。

・設定期間:50年 残存期間:45年
・自用地としての評価額 10,000千円
・定期借地権設定時の権利金等の額 6,030千円
・定期借地権設定時の宅地の価額 15,000千円
・基準年利率による複利年金原価率

50年:35.000 45年:32.552

式:10,000千円*6,030千円/15,000千円*32.552/35.000=3,738千円

この複利年金原価率は、国税庁のホームページで公開されています。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続した株式に関わる配当金は相続財産に該当するのか!?
亡くなった方が株式等を持っていた場合において、その株式等に係る配当については相続財産に該当するのでしょうか。また、そもそも配当自体を受け取ることができるのでしょうか。 1.亡くなった方名義の株式の配当金はもらえるのか まず、亡くなった方名義の配当金が […]
未収配当の相続
相続税の計算において含める必要があるかどうか 相続財産に株式がある場合で、相続開始時点で株式の配当金をまだ受け取っていない場合にも、相続財産に計上されるのでしょうか。 株式の配当金は、相続開始時点ではまだ確定していないものの、後に株主総会で確定します […]
立木の相続税評価についての基礎知識と評価方法
家の庭に木が立っていた場合に、いわゆるその「立木」を相続財産として計上すべきか、計上する場合には立木の相続税評価はいくらになるのかと悩まれる方も多いと思います。この記事では立木の相続税評価についての基礎知識と相続税評価の方法を解説していますので参考に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306