相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

複利年金原価とは

(1) 複利年金現価率とは

複利年金原価率とは、将来の一定期間中、毎年支払われる一定金額の現在価値を複利で求める率です。

例)毎年1円の年金額を50年間支払う場合の総額:50円
  その現在の価値は、35円 (年1.5%の複利の場合)

一見、相続とは関係なさそうですが、この複利年金原価率は、相続税の財産評価において、定期借地権等・著作権・営業権・鉱業権等の評価をする場合に使用します。

(2) 定期借地権等の評価

今回は、上記の複利年金原価率を使って、実務的に評価することの多い、定期借地権等の価額を求めてみましょう。

定期借地権は、通常の借地権とは違い、契約期間が到来すれば借地権が必ず地主に戻り、権利関係が終了します。

そのためこの定期借地権等を評価する場合には、複利年金原価率を用いて評価します。

以下の定期借地権等の評価をしてみましょう。

・設定期間:50年 残存期間:45年
・自用地としての評価額 10,000千円
・定期借地権設定時の権利金等の額 6,030千円
・定期借地権設定時の宅地の価額 15,000千円
・基準年利率による複利年金原価率

50年:35.000 45年:32.552

式:10,000千円*6,030千円/15,000千円*32.552/35.000=3,738千円

この複利年金原価率は、国税庁のホームページで公開されています。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る