相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

金・プラチナ等を相続する場合の評価

金・プラチナ等の貴金属を相続する場合、
これらの資産も相続税の課税対象となります。

金・プラチナ等を評価する際は、相続開始日の業者買取価格をそのまま用います。

平成23年度税制改正が2011年6月30日に公布となり、「金地金の譲渡の対価の支払い調書制度」が創設されました。

これは金地金・プラチナ地金等を店頭で売却する場合、売却価格が200万円を超える時にその売買を取り扱う業者は、その支払いが確定した日の属する月の翌月末までに所管の税務署へ支払調書を提出しなければならないというものです。

相続した地金を売却すると、その売却益が50万円を超える場合には譲渡所得となり、総合課税が行われ納税義務が発生します。
その際あった方が有利になることの多いのが、取得した数量・単価・取得価格等がわかる領収書・納品書・計算書等です。

この領収書等、取得価格が証明できるものがない場合、
取得費は【売却金額 × 5%】で計算します。

実際の譲渡益よりも多くの利益を上げた計算結果になる可能性があり、その場合証拠書類がある場合と比べてより多くの納税額が課せられる恐れがあります。

金・プラチナ等を購入される場合、相続、譲渡の際に不利にならないように証拠書類は大事に保管されることが大切です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

私の素人質問にもわかりやすく、ていねいにご回答を頂きながら、申告準備を進める事ができました。漏れのない申告が出来た事を感謝致しております。

長津先生、佐藤先生にはとても親身にご対応いただき感謝しております。 また何かありましたら先生のお力をお借りできればと思っております。

この度は、色々と細かい所まで、丁寧に対応していただいてありがとうございます。 最初は高額なお値段におどろきましたが、終わってみたら、お値段以上の価値があると感じました。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る