年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

金・プラチナ等を相続する場合の評価

金・プラチナ等を相続する場合の評価

金・プラチナ等の貴金属を相続する場合、
これらの資産も相続税の課税対象となります。

金・プラチナ等を評価する際は、相続開始日の業者買取価格をそのまま用います。

平成23年度税制改正が2011年6月30日に公布となり、「金地金の譲渡の対価の支払い調書制度」が創設されました。

これは金地金・プラチナ地金等を店頭で売却する場合、売却価格が200万円を超える時にその売買を取り扱う業者は、その支払いが確定した日の属する月の翌月末までに所管の税務署へ支払調書を提出しなければならないというものです。

相続した地金を売却すると、その売却益が50万円を超える場合には譲渡所得となり、総合課税が行われ納税義務が発生します。
その際あった方が有利になることの多いのが、取得した数量・単価・取得価格等がわかる領収書・納品書・計算書等です。

この領収書等、取得価格が証明できるものがない場合、
取得費は【売却金額 × 5%】で計算します。

実際の譲渡益よりも多くの利益を上げた計算結果になる可能性があり、その場合証拠書類がある場合と比べてより多くの納税額が課せられる恐れがあります。

金・プラチナ等を購入される場合、相続、譲渡の際に不利にならないように証拠書類は大事に保管されることが大切です。

関連性が高い記事

相続した株式に関わる配当金は相続財産に該当するのか!?

亡くなった方が株式等を持っていた場合において、その株式等に係る配当については相続財産に該当するのでしょうか。また、そもそも配当自体を受け取ることができるのでしょうか。 1.亡くなった方名義の株式の配当金はもらえるのか まず、亡くなった方名義の配当金が […]

立木の相続税評価についての基礎知識と評価方法

家の庭に木が立っていた場合に、いわゆるその「立木」を相続財産として計上すべきか、計上する場合には立木の相続税評価はいくらになるのかと悩まれる方も多いと思います。この記事では立木の相続税評価についての基礎知識と相続税評価の方法を解説していますので参考に […]

未収配当の相続

相続税の計算において含める必要があるかどうか 相続財産に株式がある場合で、相続開始時点で株式の配当金をまだ受け取っていない場合にも、相続財産に計上されるのでしょうか。 株式の配当金は、相続開始時点ではまだ確定していないものの、後に株主総会で確定します […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る