相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

金・プラチナ等を相続する場合の評価

金・プラチナ等の貴金属を相続する場合、
これらの資産も相続税の課税対象となります。

金・プラチナ等を評価する際は、相続開始日の業者買取価格をそのまま用います。

平成23年度税制改正が2011年6月30日に公布となり、「金地金の譲渡の対価の支払い調書制度」が創設されました。

これは金地金・プラチナ地金等を店頭で売却する場合、売却価格が200万円を超える時にその売買を取り扱う業者は、その支払いが確定した日の属する月の翌月末までに所管の税務署へ支払調書を提出しなければならないというものです。

相続した地金を売却すると、その売却益が50万円を超える場合には譲渡所得となり、総合課税が行われ納税義務が発生します。
その際あった方が有利になることの多いのが、取得した数量・単価・取得価格等がわかる領収書・納品書・計算書等です。

この領収書等、取得価格が証明できるものがない場合、
取得費は【売却金額 × 5%】で計算します。

実際の譲渡益よりも多くの利益を上げた計算結果になる可能性があり、その場合証拠書類がある場合と比べてより多くの納税額が課せられる恐れがあります。

金・プラチナ等を購入される場合、相続、譲渡の際に不利にならないように証拠書類は大事に保管されることが大切です。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る