広大地とは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

広大地とは

広大地とは

広大地、これも聞きなれない言葉ですね。

広大地とは、その地域において、標準的な宅地の面積に対して著しく広大な宅地で、かつ、都市計画法が規定している開発を行う場合に、公共公益施設用地、つまり、道路や公園などの公共施設や、教育施設、医療施設などの公益施設を建てるための用地として、負担が必要と認められる土地のことを指します。

都市計画法第4条第12項の規定によると、開発とは、“主として建築物の建築または工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更”をいいます。

広大地には、国税庁の規定する財産評価基本通達の22-2が定める大規模工業用地に該当するものや、中高層の集合住宅等の敷地用地に適しているような土地は含まれません。

広大地の価額を評価するには、広大地の面する路線の路線価×広大地補正率×面積で計算することができます。

広大地補正率は、0.6−0.05×広大地の面積/1000平方メートルを計算して求められます。

当サイトの運営法人

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
広大地判定のフローチャート
広大地判定のフローチャート 広大地のフローチャートに該当するには、以下4つのすべて要件を満たすことが必要となります。 まず第1に、大規模工場用地に該当しないことです。(50,000㎡以上の「大工場地区」の土地の場合には、広大地適用不可となります。) […]
無道路地と広大地の併用
無道路地と広大地の併用 不動産や土地などの資産はそれ自体が高額のため、その相続税額も高くなりますので相続人にとっては頭の痛い問題です。 一番の節税対策はその土地の評価額を下げることですが、土地評価額というのはどのように決まるのでしょうか。 一般的にそ […]
マンション適地と広大地評価
マンション適地と広大地評価 広大地の判定にあたってのきにマンション適地とは、マンション用地に適した土地のことです。 つまり分譲マンションデベロッパーが分譲マンション用地として買いたい、不動産業者が賃貸マンション用地として買いたい、と思うような土地のこ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145