年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

公共公益的施設用地の負担の要否

公共公益的施設用地の負担の要否

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※

公共公益的施設用地の負担の要否

広大地に関しては、公共公益的施設用地の負担が必要になる場合があります。

広大地というのは、その地域での標準的な宅地の面積に比べて著しく広大で、都市計画法による開発行為をしようとしたときに、公共公益的施設用地の負担が必要になる土地のことをいいます。

つまり、広大地と判定されるためには、公共公益的施設用地の負担が必要かどうかがカギになるわけです。

では、どのようなものが公共公益的施設用地の負担が必要になるのでしょうか。

広大地が負担する公共公益的施設用地とは、戸建住宅分譲用地として開発した場合を前提としています。

そのため、経済的に最も合理的に戸建住宅の分譲をした場合に、その開発区内に新しく道路を設置する必要があるものが広大地となります。

したがって、公共公益的施設用地の負担が、ごみ集積所などの小規模な施設の設置にとどまる場合や、セットバック部分のみを必要とする場合、また、間口が広く、奥行きが標準的な土地である場合には、開発行為を行おうとするときでも公共公益的施設用地の負担はほとんど必要ありません。

よって、広大地には該当しません。

関連性が高い記事

無道路地と広大地の併用

無道路地と広大地の併用 ※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ 不動産や土地などの資産はそれ自体が高額のため、その相続税額も高くなりますので相続人にとっては […]

広大な市街地農地の相続税評価

広大な市街地農地の相続税評価 市街地周辺農地及び市街地農地の評価の際、市街地周辺農地及び市街地農地が宅地であるとした場合において、広大地の評価に定める広大地(その地域における標準的な宅地の地積に比して著しく地積が広大な宅地で都市計画法第4条第12項に […]

マンション適地と広大地評価

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※ マンション適地と広大地評価 広大地の判定にあたってのきにマンション適地とは、マンション用地に適した土地のことです。 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る