相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

マンション適地と広大地評価

※2018年1月以降発生の相続について、「広大地評価」は適用できません。代わりに「地積規模の大きな宅地の評価」が新設されています。※

マンション適地と広大地評価

広大地の判定にあたってのきにマンション適地とは、マンション用地に適した土地のことです。

つまり分譲マンションデベロッパーが分譲マンション用地として買いたい、不動産業者が賃貸マンション用地として買いたい、と思うような土地のことです。

マンション適地とは、一般的に最寄駅から徒歩10分以内で200坪から300坪以上の土地を指します。

もちろんこれは絶対条件ではなく、その時々の経済情勢やそのエリアの市場動向等によって変わります。

なお、マンション適地かどうかの具体的な判断については、以下のようになっています。

評価対象地について、中高層の集合住宅等の敷地、いわゆるマンション適地等として使用するのが最有効使用と認められるかどうかの判断は、その土地の周辺地域の標準的使用の状況を参考とすることになりますが、戸建住宅とマンションが混在している地域(主に容積率200パーセントの地域)にあっては、その土地の最有効使用を判断することが難しい場合もあると考えられます。

このような場合には、周囲の状況や専門家の意見等から判断して、明らかにマンション用地に適していると認められる土地を除いた戸建住宅用地として広大地の評価を適用することとして差し支えありません。

つまり、マンション適地か、戸建分譲用地かの判断が微妙なときは、広大地として評価してよいということになります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る