秘密証書遺言の作成方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

秘密証書遺言の作成方法

秘密証書遺言の作成方法

秘密証書遺言の作成方法として、まず理解しておきたいのが秘密証書遺言はパソコンや代理人が作成しても被相続人が署名することが大前提です。

被相続人の方は相続できる財産をしっかり認識してどのようなもの、権利が相続の対象になるのかを本人が確認する必要があります。

不動産、預貯金、国籍、株などを誰に相続させるのかを、またどのように分割して相続させるのかを十分に確認して相続の準備を行うことが大切です。

まずは作成方法として下書きを行いましょう。

下書きを行っておくことで、正確に、また記入漏れなく遺書を書くことが可能になります。

注意点として訂正箇所があれば、全て書き直すのがよい。

訂正方法が間違っていれば、無効な遺言書になりますので、しっかりと分かりやすい文章で書いていくことが大切です。

署名だけは自書し、押印します。

書き上げた遺言書は確認のため、専門的な知識のある弁護士や行政書士、又は司法書士に見てもらいましょう。

また、封筒に入れるなどして遺書を遺言書に押印した印鑑で封印しましょう。

秘密証書遺言の作成してから

早期の解決を行うためにそれなりに専門的な知識を要している専門家との解決をおススメします。

相続人の調査から、相続できる物品の査定や調査、又は相続方法によって進行する手続きが変更します。

そのため十分に時間を必要とし、その簡易相続尾際には他の相続人との遺産分割協議を行いどのように遺産を分割していくのかを決めていきます。

相続の際には他にも各種の手続き、名義変更や、申請、申告、税の計算などを必要としますので、その分の料金がかかりますが、相続の際には報酬制で仕事を請ける専門かもいます。

すべてがスムーズに行くわけではなくほかの相続人との意見が合わないときには調停になり、相続がスムーズに進行しないこともありますので、十分に意識して相続を慎重に行っていくことが求められます。

相続手続きを代理人が行うことも可能

遺書に未成年者への相続の内容が書かれている時に、特別代理人の選任申立手続きは相続人の中に未成年者がいる時や身体障害者や、精神障害者の相続人が遺産分割協議に参加できない時に使用することになります。

相続の放棄はなくなった日から3ヶ月の間に相続放棄の申請を行うことが求められます。

しっかりとした遺書を書きたいとき、または初めての方は必ず専門家に相談し、自分に有利な相続を行うことをおススメします。

またこの相続の権利から自分で解決できない方は自分なりにしっかり解決をしていくことをおススメします。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
包括受遺者とは
包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]
相続時精算課税制度と遺留分の関係
相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]
条件付き遺贈とは
条件付き遺贈とは 遺言によって被相続人の財産を贈与することを遺贈と呼びます。 相続は特別な手続きをしなくても被相続人の財産は相続開始されます。 この遺贈に、条件を付けられることを御存じでしょうか。 このように条件をつけた遺贈を条件付き遺贈と呼びます。 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145