連帯債務者の求償権と相続税|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

連帯債務者の求償権と相続税

連帯債務者の求償権と相続税

連帯債務とは、複数人が同一内容の債務を各別(個人別)に負担していることをいいます。

例えば、A・Bが債権者Xに対して連帯して100万円の債務を負っている場合には、AとBはそれぞれ独立して100万円の支払債務を負担します。

この場合、AとBがそれぞれ負担している債務は別個独立のものですで、原則としてAやB各人に生じた事由は互いに影響を及ぼしあわないのが原則です。

例えば、Aのみが債務の承認をして時効が中断(民法第147条)しても、Bの債務の時効が中断することはありません(民法第440条。相対効の原則)。

連帯債務者間は相互に債権者に対する負担割合を内部において定めることができます。

連帯債務者間の求償関係の具体例と相続税評価

例えば、AとBで負担割合を相互に7:3といった具合で、内部的に負担割合を異なるものとすることができます。

ただ、この負担割合の定めはあくまでも内部的なものに過ぎませんので、債権者に対してはそれぞれが別個独立に100万円を支払う義務があります。

ただ、仮にBが先に100万円を弁済したとすれば、BはAとの関係では、負担割合を超えて弁済したことになるので、70万円を請求することができます。

このように連帯債務者間で負担割合を超えて弁済した場合に超過額を請求することができる権利を求償権といいます。

連帯債務は、このように複雑な構造をしていますが、民法の第432条以下において規定されています。

連帯債務は連帯保証債務などとは異なりますので、混同されないように注意が必要です。

連帯債務を負担している場合の債務控除については、やや特殊な判断が行われます。

つまり、相続税の計算においては、債務は控除することができますが、上記の求償権がある関係から、負担部分の割合が明らかな金額が債務控除の対象となります。

つまり、最終的に自らの負担となることが判明している部分については、債務控除が認められるということになります。

先の例で言えば、Bは最終的に負担すべき30万円の限度で債務控除がされることとなります。

この場合、Aの資力が悪化しているなどにより、現実にAに対して求償することができない可能性については基本的には考慮されないということになります。

連帯債務者の地位の相続についての判例の考え方

連帯債務者の地位は地位は、相続分で分割されて相続人に承継されるというのが判例の考え方です。

先の例で言えば、Bが死亡した場合に、Bの相続人が妻と子であった場合、妻と子はそれぞれ50万円の範囲で連帯債務を負担することとなります。

連帯債務者の地位は負担が大きいため、他の資産との関係から、相続放棄をしたほうが良いケースもありえます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
重畳的債務引受とは
「重畳的債務引受」とは 債務引受の方法には、「重畳的債務引受」と「免責的債務引受」があります。 債務引受けとは、債権者へ負っている債務を第三者が債務者に代わって引き受けるということです。 債務引受のうち「重畳的債務引受」とは、債務を引き受ける側が、当 […]
免責的債務引受とは
免責的債務引受とは 免責的債務引受とは、債権者に負っている債務を第三者が債務者の代わりに引き受けることです。 これがなされると、債務は旧債務者から新債務者に完全に移転するため、旧債務者は債務を免責されます。 よって、以後債権者は旧債務者に対して取り立 […]
債務控除ができる公租公課
債務控除ができる公租公課 相続税は、被相続人の方が保有されていた不動産や預貯金などの積極財産(プラスの財産)から、債務を差し引いた後の正味の財産に課税されます。 そのため、相続に際して、債務を相続されている場合には、相続税の計算上、債務を差し引くこと […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145